トップへ戻る

新築に防音室を設置すると工事費用はいくらかかる?

 

防音室

 

 

近隣住民間のトラブルについて、
TVニュース等で目にする機会が多くありますが、
それらのトラブルは決して他人事ではありません。

 

自分にとっては気にならない音でも、
他人にとっては不快な騒音であるということは
決して少なくないのです

 

そのため近年では『防音室』を設置する家が増えています。

 

隣近所に気兼ねすることなく
趣味や育児に没頭できるよう、防音室の設置について
一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

この記事では、
防音室の設置に掛かる工事費用等について
詳しくご紹介していきたいと思います。

 

 

防音室は後からリフォームで対応すべき?

 

ピアノを弾く女性

 

 

防音室は、遮音性の高さによってグレードがいくつかあり、
どの程度の性能を求めるかによって費用が変わってきます。

 

例えば、「外の音が気にならない静かな書斎が欲しい」
といった要望に応えてくれる防音室の費用と、

 

「24時間好きな時にピアノの練習ができる部屋が欲しい」
といった要望に応えられるレベルの防音室の費用では
設備の仕様が異なり、2〜3倍近く費用が変わることになります。

 

ならば、用途が明確になってからリフォームで
対応すれば良いのではないか?と考える方もおられる
かもしれませんが、

 

実は防音室の工事の場合、リフォームで対応すると
費用が高くついてしまう傾向にあります。

 

それは、既存の壁の解体や構造の強化など、
新築では不要となる工事が必要となるからです。

 

それらの工事費用を考えると、多少高めのグレードを
選んでも、新築のうちに設置してしまう方が
お得になるケースが多いのです。

 

なお、新築の場合の費用は100万円〜が目安となります。

 

防音室の費用目安(6畳あたり)

 

主な用途 費用目安
書斎・勉強部屋 100万円〜
シアタールーム・オーディオルーム 230万円〜
ピアノ演奏 150万円〜
ドラム演奏 250万円〜

 

費用はあくまでも目安です。上記以外にも費用が発生することもあります。詳しくは住宅会社へお問い合わせください。

 

近隣住民に迷惑をかけず、自らのストレスを軽減できると
なれば決して高い費用ではありませんね。

 

 

おしゃれな防音室でワンランク上の暮らしを

 

ホームパーティ

 

 

防音室というと「必要に迫られて設置するもの」という
イメージを持たれている方がいるかもしれませんが、
決してそんなことはありません。

 

防音室があることで、
好きな映画を迫力の大音量で楽しむことができますし、
仲間を集めてカラオケをしたり、
時間を気にせずホームパーティーで賑やかに
騒いだりすることもできます。

 

住宅会社によっては内装も選べるので、
一見すると防音室ではないようなおしゃれな空間に
することだって可能です。

 

性能や費用と合わせてどんな内装にしたいのかも
相談すれば、イメージにより近い形で
仕上げてもらうことができるでしょう。

 

新しい住まいを、より満足度の高いものへするために、
おしゃれな防音室でワンランク上の暮らしを
目指すのもおすすめですよ。

 

防音室をお考えの方は、まずは気軽に相談できる
信頼のできる住宅会社選びから始めてみましょう。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!