トップへ戻る

地域による注文住宅の費用の変動について

 

家と図面

 

 

「理想の家をつくりたい!」「こだわりを持ったオリジナルの家にしたい!」
そのように考えている方は沢山おられると思います。

 

でも、「注文住宅にしたいけれど、何から始めればいいの?」
「どこの業者に依頼すればいいの?」

 

初めての方にしてみれば、そのような不安や疑問で一杯になると思います。

 

注文住宅を建てる前には、まず何にどれくらいの費用が掛かるのかなど、
注文住宅の基本的な相場を知っておくことが重要です。

 

しかし、注文住宅の費用は都道府県別地域によって変動があります。

 

そこでこの記事では、新築一戸建てを建てるときの建築工事費用と、
床面積などを含む、平均坪単価のデータをご紹介したいと思います。

 

 

注文住宅費用の地域差

 

電卓

 

 

各地域の坪単価を、『木造住宅』『鉄骨造住宅』別で調べてみたところ、
以下のような結果が出ました。

 

 

地域別木造住宅の坪単価

 

「木造住宅」で一番坪単価の高い地域は東京都約62万円でした。
逆に坪単価が一番安かったのは、宮崎県約45.9万円となっています。

 

これをお金で換算すると、約16万円違いますので、
40坪の土地の場合だと640万円もの差が出てしまいます。

 

 

地域別鉄骨造住宅の坪単価

 

鉄骨造の注文住宅の地域相場は、東京約88.4万円
反対の徳島では約62.7万円と約25万円以上の差があるので

 

40坪では1000万以上もの差が出てしまいます。

 

 

 

なぜ地域差が生まれる?

 

東京の風景

 

 

なぜ地域によって、こんなにも坪単価に差があるのでしょうか?

 

それは、都心に近くなればなるほど、土地や道路が狭くなっている所が多く、
その分工事にも手間が掛かってしまい、費用が高くなってしまうからです。

 

そして、下請業者に支払う人件費などの費用も高くなり、結果、
単価が上がってしまうのです。

 

 

建築業者

 

 

逆に都心から少し離れると、土地が広くなっていきますので価格も安くなります。
また、地域内だとしても人口密度が高い場所と疎遠地では価格も変わっていきます。

 

このように、地域によってもこれだけ大きな金額の差がありますので、
これから住もうと考えている地域の坪単価をしっかりと確認したうえで
家作りのプランを作るようにしてくださいね。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!