トップへ戻る

新築の外構工事(エクステリア)にかかる費用相場

 

エクステリアのイメージ

 

 

エクステリアとは、住居の外にある構造物のことを言います。

 

  • 駐車場やデッキなどの空きスペースの有効活用
  • 新築の家の外観を華やかに
  • 門扉などをつけて防犯性を高める

 

上記の様に、新築の家の利便性を高め、
より住み心地のよい家にすることができます。
せっかく新築の家を建てるのなら、
エクステリアにこだわりたい方も多いのではないでしょうか?

 

だけどやっぱり気になってしまうのは、
新築エクステリアに掛かる、外構工事費用ですよね。

 

では、新築外構工事の費用相場は、
一体どれくらいなのでしょうか?

 

この記事で詳しくご紹介したいと思います。

 

 

新築外構工事の費用相場

 

外構工事のイメージ

 

 

新築外構工事は、リフォームで改修する場合とは違い、
予算の中から外構工事の費用を捻出することになります。

 

相場としては、建物の予算の10%程度が、
新築の家に掛かる外構工事の費用相場です。

 

例えば1000万円の新築の家を建てるのだとしたら、
エクステリアにかける新築外構工事の費用相場は
100万円前後ということになります。

 

 

新築外構工事の種類による費用相場

 

外構工事の種類

 

 

続いて、作りたいエクステリアごとの新築外構工事の費用相場も
見ていきましょう。

 

門扉周辺のエクステリアの新築外構工事

 

門や門塀、ポストや表札など全てをまとめた
新築外構工事の場合、15万円から30万円程度が相場です。
材質などを拘ればもう少し高くなります。

 

玄関への階段などアプローチを漬ける場合は
プラス15万円ほどの予算を組みましょう。

 

駐車場のエクステリアの新築外構工事

 

ガレージにするのか、カーポートにするのかによっても
変動しますが、駐車場の新築外構工事の平均相場は、
50万円から100万円程度です。

 

マイカーを持っているならば、
ぜひ作っておきたいエクステリアですね。

 

庭のエクステリアの新築外構工事

 

庭のエクステリア新築外構工事の費用相場は、広さによって異なります。

 

芝生にするだけなら1平米あたり1万円程度で済みますが、
ウッドデッキの設置になると一気に
50万円から100万円まで跳ね上がります。

 

造園も含めるとなると、それ以上の予算を覚悟する必要があります。

 

ベランダ・バルコニーのエクステリアの新築外構工事

 

広さにもよりますが、
一般的なベランダですと費用は40万円ほどになります。

 

 

新築外構工事費用を節約するには?

 

外構工事現場

 

 

新築外構工事費用を節約するには、
必要な部分だけに効率よく費用をかけることです。

 

節約のために全体のクオリティを落としてしまうと、
安っぽい仕上がりになってしまったり、
結局短期間で改修が必要になったりといった問題が起きます。

 

例えば駐車場のコンクリート施行は高額で、
しかも面積が増えるごとにどんどん新築外構工事の
予算が膨らんでしまいます。

 

この場合、車輪が通る部分だけにコンクリート施行して
節約する方法があります。

 

また、コンクリート施行の予算がない場合でも、
防草シートを敷いてから砂利を敷くことで、泥はね防止になり、
雑草むしりなどの手間もなくなります。

 

 

新築のエクステリアで失敗しないために

 

外構工事

 

 

エクステリアにも色々あり、

 

防犯性は低いが開放的な雰囲気を出せる『オープン外構工事』や、
高い塀で囲むため閉鎖的になるが、
防犯・プライバシー保護に優れた『クローズ外構工事』
この2つの良いところ取りをした
『セミオープン・セミクローズ外構工事』などがあります。

 

それらに対し、駐車スペースや庭などを敷地内に組み込み、
予算内に納めなければなりません。

 

しかし、それとなく気にしている住宅メーカーが、
貴方の理想とする工事が得意とは限りません。
下請けに出されてマージンを取られてしまい、
新築外構工事の費用が高額になってしまうこともあります。

 

新築のエクステリアで失敗しないためには、
複数社のプランや見積りを取り、
よく資金や仕上がりについて比較検討するようにしましょう。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!