トップへ戻る

新築ビルトインガレージのメリット・デメリットと建築費用相場

 

ビルトインガレージ

 

 

車好きの方ならば、「新築する際にはビルトインガレージを!」
と希望されている人も多いのではないでしょうか?

 

新築のリビングで愛車を眺めながらお酒を嗜んだり、
休日に車いじりを楽しんだり…。
車好きの方が一度は憧れるシチュエーションですよね。

 

近年のDIY人気により『軽作業場』としても
重宝されているビルトインガレージですが、
気になるのがその建築費用相場ですよね。

 

メリット・デメリットの面と合わせてご紹介したいと思います。

 

 

新築ビルトインガレージのメリットと建築費用相場

 

自動車

 

 

ビルトインガレージとは、住宅の構造の中に『カーポート』
を確保したもののことを言います。

 

外付けの駐車場よりも防犯性が高くなり、
新築部屋の一つとして活用することも可能となります。

 

また、新築1階をカーポート・新築2階を居住スペース
という風に、狭い土地であっても駐車スペースを確保できる
という嬉しいメリットもあります。

 

広さによっては物置としても活用できるので、
駐車スペースと言いながらも『汎用性の高い便利な施設』
とも言えます。

 

 

新築ビルトインガレージの建築費用の相場は?

 

 

では、新築ビルトインガレージの建築には
どれくらいの費用がかかるのでしょうか?
新築にガレージをご検討中の方なら気になるところですよね。

 

建築費用は作られるガレージの面積(坪数)に
よって変わりますが、例えば坪単価で算出した場合、
1坪当たり40万〜80万円程度が相場となります。

 

車1台分の広さを確保する場合、
少なくとも5坪程度の広さは必要になりますので
おおよそ200万〜400万円となります。

 

他にも諸経費やシャッター代が発生したり、
材質(石膏ボード・コンクリート打ちっぱなし等)
によっても費用は変わってきます。

 

 

新築ビルトインガレージのデメリットは?

 

ガレージにある自転車

 

 

新築ビルドインガレージを作るためには
車が出入りできるだけの間口を用意する必要がありますので、
一般的な新築物件とは構造が大きく異なります。

 

そのため、新築の家を建てる際に多くの費用と時間が
必要となり、構造的に強度が落ちる可能性もあります。

 

また、新築の家の居住エリアと繋がっているため、
車のエンジン音や排気ガス、振動といったものが
気になりやすいという一面もあります。

 

そういった面から、ビルトインガレージを多く経験している
ハウスメーカーや工務店に依頼しないと、
これらの影響を多く受ける新築の家になってしまうという
恐れがあります。

 

 

新築する際に注意したいことは?

 

 

新築する際、特に注意したいのがガレージ部分の広さです。
ギリギリのスペースに設計すると車をぶつけたり、
擦ったりする可能性があるからです。

 

壁に亀裂を入れるようなものであれば、
新築の家の強度にも問題が出てくる可能性がありますので、
少なくともドアの開閉に支障のない程度の空きスペースは
確保するようにしておきましょう。

 

 

必要な場合はデメリットを軽減する措置を

 

車を趣味にする

 

 

以上のように、趣味の充実から検討される場合には、
費用やデメリットを踏まえたうえで
しっかりと検討するようにしたいですよね。

 

もし狭小物件など必要に迫られて検討する場合は、
一度近くの貸し駐車場の料金を調べてみるのをオススメします。
レンタルで借りればその分、
新築の家の居住スペースにゆとりをもつことができます。

 

そして、新築の家にビルトインガレージを作られる場合でも、
換気扇や鏡、緩衝剤の設置などでデメリットを軽減する
ことができますので、まずは住宅会社に相談してみましょう。

 

費用面やメリット、デメリットをしっかりと把握して、
理想的な新築の家を建ててくださいね。

 

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!