トップへ戻る

マイホームを建てる時の費用を各業者で比較紹介

 

考える二人

 

 

できることなら、夢のマイホームは「注文住宅で建てたい!」
と考えている方もいらっしゃると思います。

 

しかし、『注文住宅で建てるにはどれくらいの費用が必要なのか?』
『建築費以外にも必要な経費はいくら掛かるのか?』などなど、

 

素人の私たちには分からないことだらけですよね。

 

そこで、注文住宅の費用を業者別で比較してみることにしました。
是非参考にしてみてください。

 

 

マイホームはいくら?業者別に比較

 

電卓

 

 

「大手ハウスメーカー」と、地元の「工務店」の建築費用を比較してみたところ、

 

同じグレードの家を建てたとしても、明らかに大手ハウスメーカーの方が
約500万〜700万円近く高いことがわかりました。

 

しかし、実質工事費は大手ハウスメーカーの方が200万円ほど安くなっているんです。
その原因とは一体何なのでしょうか?

 

なぜ高い?大手ハウスメーカーの建築費用

 

驚く女性

 

 

実質工事費が安いのにも関わらず、なぜ大手ハウスメーカーの建築費用は
高めに設定されているのでしょうか?

 

それは、工務店よりも多くの経費が必要となってくるからです。

 

大手ハウスメーカーの場合、実質工事の他に、下請け工務店に住宅工事を
依頼するための下請けマージンという費用がどんどん加算されます。

 

その他にも、必然的に営業マンの人数が多くなるため、営業経費が多くかかります。

 

また、住宅とは直接関係のない研究に使われることもある研究開発費用に、
モデルハウスにかかる費用広告宣伝費。

 

そして、住宅販売には関わりの無い社員の人件費事務所の運営費までも
含まれているため、余分な経費が掛かっていることが分かります。

 

 

理想の家

 

 

家を建てることは決して簡単なことではありません。
注文住宅で失敗しないために一番重要なのは、何といっても住宅会社選びです。

 

相場は分かっていても他社と比較せずに話しを進めてしまうと、
総費用が想像以上の金額になってしまう可能性もあります。

 

住宅会社に言われるがままにならず、自分の意見はしっかりと伝えるようにしましょう。
前もって自分の希望する家をイメージして、信頼できる住宅会社を探して下さいね。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!