トップへ戻る

家を建てる時の正しい予算の決め方


家の予算


家を建てるときの一番の心配事と言えば、
『予算はいくら位かかるのか?』
ということですよね。

一生のうちに何度も家を建てる方は、ほとんどいません。

誰しもが初めての経験になりますので、
「予算がいくらかかるのか?」を、はっきりと知るキッカケがないのです。

そのため、予算設定を高く見積り過ぎていたり
逆に低く設定しすぎて、後になってから後悔することも少なくありません。

そこでこのページでは、
家を建てる時の正しい予算の決め方について詳しく紹介します。


家を建てるときの予算の目安


三つの家


家を建てる予算は大まかに3つのグレードに分けられます。

  • 1つ目は1000万台の低価格帯の住宅。
  • 2つ目は1000〜3000万円台の中価格帯の住宅。
  • 3つ目は3000万円以上のハイクラスの住宅です。

予算を決めるときは、まずこの3つの予算を大まかに決めましょう。

予算に一切困っていない方なら、ハイクラスの住宅で問題ないですね。
逆に「とにかく安い住宅にしたい」方は、
安さを突き詰めた1000万円台の住宅にすると良いです。

もし、「この2つどちらにも当てはまらない」と感じられたら、
中価格帯の住宅の予算を考えましょう。

家を建てるときの相場を調べよう


住宅相場のイメージ


家を建てるときの予算にも当然ながら相場があります。

建築物は全てが一点ものなので、各家の予算はバラバラです。
そのため坪単価という方法で予算を表現します。

例えば、まだ住みたい家が漠然としか決まっていない状態でも、
土地の面積住みたい家の面積さえわかっていれば、

坪単価と面積の関係を使って、
『建物全体の予算』を計算することができるのです。

最近では、インターネットでも簡単に建物事例を検索できる時代です。

ハウスメーカーの建設事例には、坪単価や予算も書いてありますので、
ご自分の予算と照らし合わせて、
見た目や内装等のグレードをチェックしてみましょう。

参考記事 ⇒ハウスメーカーの坪単価を一覧表で比較


予算立てのコツは?


営業の男性


「家を建てる」と決心されたとき、
ハウスメーカーの展示会や、住宅フェアに行かれることもあるかと思います。

このとき、各ハウスメーカーの営業担当に予算を伝えると、
どこの会社も、「うちならできますよ!」と声高に言うでしょう。

しかし、これはあまり信用できません。

建築物の予算は、設計をして積算
(建築物を建てるときに必要な材料を計上する作業)
するまで、わからないからです。

家を建てるときの正しい予算を決めるためには、
メーカーの営業担当の言いなりにはならないことが大切です。

そのためには、見積り依頼をする会社を、
1社に指定するべきではありません。

1社に指定すると、競争原理が働かず、高い見積額になるからです。

必ず最低3社には見積り依頼をして、
適正な予算になることを確認してから家を建てるようにしましょう。
「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページへ

家を建てる時の正しい予算の決め方関連記事

マイホームを建てる時の費用に関するお得情報
家を建てる理想のタイミングは?
家を建てる際の業者選びのコツ
家を建てるメリットとデメリット
ハウスメーカーと工務店の違いは?
家を建てるのに最適な年齢は?
家を建てる期間はどれくらいかかる?
初めて家を建てる時の注意点まとめ
ローコスト住宅の問題点!低価格だけど大丈夫なの?
ローコスト住宅ランキング2020!安くておすすめのハウスメーカーはどれ?
ローコスト住宅の寿命は短い?長持ちする家を建てるには
購入するならどっちがいい?マンションvs一戸建て
マイホーム購入時の頭金は平均いくら?
どちらがお得?住宅購入と賃貸を徹底比較
愛犬と暮らす家作り!快適な間取りにするためのポイント
トイレの位置で生活が変わる?失敗しない新築間取り
知っ得!新築住宅の購入で利用できる補助金制度まとめ
シングルマザーこそ家を買うべき?その理由と住宅ローン審査に通るためのポイント
2018(平成30年度)ZEH住宅で補助金を貰うための条件とは?
小さな家で快適生活。小さい家を建てる費用はいくらから?
光溢れる中庭のある家!メリットとデメリットから考える理想的な間取りとは
二世帯住宅はトラブルの宝庫?同居ストレスを防ぐポイントとは
少しの工夫で快適生活!狭小住宅で取り入れたい間取りアイデア
家の間取り図が自分で作れる!無料アプリ・フリーソフト・WEBサイトまとめ
小さな家で快適生活。小さい家を建てる費用はいくらから?

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!