トップへ戻る

土地購入前に地盤調査をしよう!方法・費用・期間は?

 

地盤のイメージ

 

 

地震・台風・豪雨…災害大国と呼ばれる日本。
自然災害に遭遇する可能性を完全に排除することはできませんが、
家を建ててからのリスクはできるだけ低く抑えておきたいですよね。

 

そこで知っておきたいのが、土地の地盤強度。
家を建てる土地が軟弱地盤だった場合、土地の購入費用のほかに
土地の地盤改良費用が必要になります。

 

家を建ててから後悔しないためも、土地を購入する前に
土地の地盤調査を実施するのがおすすめです。

 

この記事では、土地の地盤調査について詳しく解説していきます。

 

 

自分で出来る土地の地盤調査の方法は?

 

辞書

 

 

日本は平地が少ないため、そのままの土地の状態では家を建てる
ことが難しく、過去に何らかの工事が行われた土地が多いです。

 

地盤が強い土地から人が住み始めてきたため、寺社仏閣が多い
エリアや、古くからの歴史がある住宅用土地は地盤が強いと考えられます。

 

このように、専門的な土地の地盤調査を実施しなくても、
地盤のリスクについてはある程度予想することは可能です。

 

業者に依頼する前に、まずは自分で土地の地盤調査をしてみましょう。

 

 

土地の歴史を知ろう

 

弱い地盤

 

 

土地の歴史を知ることで、ある程度の土地の地盤強度を知ることができます。

 

例えば新たに造成された土地は、もともとの平地と比べた場合、
地盤が弱い土地の可能性があります。

 

  • 海辺を埋め立てた土地
  • 沼地や湿地、田んぼだった土地
  • 谷を埋め立てた土地

 

上記のように、過去にその土地がどのような場所であったかを
知るためには、「古地図」を見るのがおすすめです。

 

地域の古地図は役所や図書館に所蔵されているので、閲覧可能か
問い合わせてみましょう。

 

参照:古地図コレクション│国土地理院

 

 

ハザードマップを参考にしよう

 

 

また、災害リスクを示した地図「ハザードマップ」はネット上で
各自治体ごとに公開されており、国土交通省のポータルサイトから
各地域の情報を探すことができます。

 

土地の地盤リスクは「土砂災害マップ」、あるいは、
「地震防災・危険度マップ情報」内の「地盤被害(液状化)マップ」
「建物被害マップ」で調べることが可能です。

 

なお、公開されているハザードマップの種類は地域によって異なります。

 

参照:国土交通省ハザードマップポータルサイト

 

以上、自分でできる土地の地盤調査の方法についてご紹介しました。
引き続き、業者に依頼した場合の土地の地盤調査の方法・費用目安・
かかる期間について解説していきたいと思います。

 

 

業者に依頼する場合の地盤調査について

 

地盤調査イメージ

 

 

業者に依頼する場合の土地の地盤調査にはさまざまな方法がありますが、
そのなかでも一般的な3つの方法・費用目安・かかる期間をそれぞれご紹介します。

 

 

スウェーデン式サウンディング試験

 

スウェーデン式サウンディング試験とは、
重りを付けたスクリューを回転させながら地面に押し込んでいき、
土地の地盤の強さを測定する方法です。

 

  • 調査期間の目安:半日から1日
  • 調査費用の目安:3〜10万円

 

では、この方法のメリットとデメリットをみてみましょう。

 

メリットは?
  • 調査費用が安い(費用目安:3〜10万円)
  • 調査機器が小型のため既存の建物があっても調査可能
  • 調査期間が短い(半日〜1日程度)
デメリットは?

土中に石やガラ(廃材やコンクリート片など)があると調査が困難になることがある。

 

 

ボーリング標準貫入試験

 

ボーリング標準貫入試験とは、地面をくり抜くように孔を開けていき、
地盤の硬さや土壌を調査する方法です。

 

  • 調査期間の目安:1日から数日
  • 調査費用の目安:10〜30万円

 

では、この方法のメリットとデメリットをみてみましょう。

 

メリットは?
  • 土壌を採取するため土質の正確な調査ができる
  • どんな硬い層や深部でも掘り進めることが可能
デメリットは?
  • 費用が比較的高額(費用目安:10〜30万円)
  • 調査機器が大型のため広い作業スペース(4×5mほど)が必要
  • 地盤の状態によって調査期間が長くなることがある(1日〜数日)

 

レイリー波(表面波)探査法

 

レイリー波(表面波)探査法とは、地表にセットした「起振機」で
振動を発生させ、「検出器」までの伝わり方を測定し、
コンピューター解析によって地盤の状態を調査する方法です。

 

  • 調査期間の目安:半日から1日
  • 調査費用の目安:7万円〜

 

では、この方法のメリットとデメリットをみてみましょう。

 

メリットは?
  • 地面を傷つけずに調査できる
  • 土中の石やガラの影響を受けない
  • 調査期間が短い(半日〜1日程度)
デメリットは?
  • 費用が比較的高い(費用目安:7万円〜)
  • 土質の分析はできない

 

※地盤調査の費用は土地の状態や広さによって大きく異なるので、
あくまでも目安と考えてください。

 

 

土地の地盤改良費用はいくらくらい?

 

地盤工事

 

 

以上のような土地の地盤調査を行った結果、「地盤が弱い」と
判断された場合、家を建築する前に地盤改良工事が必要になります。

 

土地の地盤改良の費用は一般的に数10万円〜100万円ほどですが、
地盤の状態によっては数百万円掛かるケースもあります。

 

 

ハウスメーカーは費用を負担してくれる?

 

そこで気になるのが、土地の地盤調査費用や地盤改良工事費用を
ハウスメーカーや工務店が負担してくれるのか?ということですよね。

 

土地の地盤調査や地盤改良に掛かる費用を負担するのは、
原則的に土地の売主やハウスメーカー、工務店ではなく買主(施主)となります。

 

しかし、ハウスメーカーや工務店によっては「地盤保証」を実施している
こともあります。

 

地盤保証とは、不同沈下(地盤沈下によって家が斜めに傾く状態)で
住宅に不具合が発生した場合に、地盤改良費用の保証が受けられる
というものです。

 

土地の地盤保証の適用条件や保証内容は会社によって異なるので、
よく確認するようにしましょう。

 

 

家づくりは土地選びから

 

家を建てるのなら、安心して暮らせる住まいづくりをしたいもの。
お得に土地が購入できたと思ったのに、高額な地盤改良費用が必要に
なってしまうケースもあります。

 

ハザードマップなどを参考に、土地の地盤の弱さが予想されるエリアでは
土地の購入前に地盤調査を実施するのがおすすめですよ。

私の家づくり体験談

お世辞にも収入がいいとは言えない私が、
1000万円台で新築を建てた時の体験談を紹介しています。

「耐震強度や品質など、安全面がどうしても不安・・・」

・そんな私がなぜローコスト住宅を建てたのか?
・なぜ1000万円台で希望の家を建てることができたのか?

ローコスト住宅に不安のある方は参考になるかと思います。

私の家づくり体験談の記事へ進む





1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!