トップへ戻る

手入れ不要な外壁にしたい!注文住宅はメンテナンスフリーにできる?

外壁と筆

 

 

注文住宅は自分で仕様が決められるのが最大の魅力です。

 

一方で、分譲マンションなどとは違い住宅の手入れは自分で
行わなければなりません。

 

特に外壁のメンテナンスは日々の手入れが難しいため、
できればメンテナンスフリー(手入れ不要)にしたいですよね。

 

住宅を手入れ不要の外壁にする方法はあるのでしょうか?
この記事で検証していきたいと思います。

 

 

住宅の外壁基礎知識

 

外壁外観

 

 

そもそも住宅の外壁についての基礎知識がなければ
メンテナンスの仕方もわかりませんよね。
まずは『住宅外壁の基礎知識』をしっかり抑えておきましょう。

 

基本的に注文住宅では、『外壁材』と『外壁に使う塗料』を
決めることになります。

 

安い外壁塗料は劣化が早く、わずか5年あまりで外壁塗装の
塗り替えが必要になることもあります。
また、住宅の外壁材も選び方によっては、わずか10年でヒビが
入ってしまう…といったケースもあるのです。

 

そういった点を考えると、多少初期費用がかかったとしても
『耐久性・耐候性に優れた住宅の外壁』を選ぶことが、
長期的に見ればメンテナンス費用を抑えることに繋がります。

 

そして、住宅外壁や屋根のリフォームは小分けにせず
一気に修繕する方が費用を抑えることができます。

 

 

住宅の外壁は完璧なメンテナンスフリーにはできない?

 

疑問を持つ女性

 

 

これから長く住み続ける注文住宅です。
住宅外壁のリフォームが必要ない『完全なメンテナンスフリー』
することはできないのでしょうか?

 

残念ながら現時点では、『汚れない・劣化しない』で半永久的に
持続する外壁材、塗料は存在しません。

 

メンテナンスフリーとうたわれている住宅外壁材や塗料も、
従来の塗料に比べてはるかに長持ちするというだけで、
完璧にメンテナンスフリーというわけにはいかないのです。

 

ただし、耐久性の高い外壁を選べばメンテナンスの周期が長くなる
ことは確かです。

 

 

メンテナンスフリーに近い外壁材はどれ?費用の相場は?

 

 

では、メンテナンスフリーに近づける外壁材にはどんなものがあるのでしょうか?
ここで何点かご紹介したいと思います。

 

 

1.サイディング材

 

サイディング

 

 

『サイディング材』とは、セメント・繊維をメインに合わせた外装材のことで、
品質の均一性が高く、デザインも様々なものを選べるのが特徴です。

 

非常に耐久性の高い外壁材で、近年の注文住宅では選ばれることの多い外壁材です。

 

サイディング材の種類 メンテナンス周期目安 費用相場(1uあたり)
窯業系サイディング 約7〜8年 3,000円〜
金属系サイディング 約10〜15年 4,000円〜
木製サイディング 10年前後 6,000円〜
樹脂系サイディング 約10〜20年 9,000円〜

 

サイディングには様々な種類がありますが、耐久性に優れているのは
金属系・樹脂系のサイディングです。ただし、費用もお高めです。

 

サイディングは塗料によっても耐久年数は変わってきますので、
塗料選びと合わせて考えましょう。

 

2.コンクリート

 

コンクリート

 

 

『コンクリート』はサイディングボードに比べると、
メンテナンス周期15〜20年と周期は長めになります。

 

コンクリートで特筆すべきは、メンテナンス周期よりも耐用年数です。
きちんとメンテナンスがされていれば、外壁材としての耐用年数が
50〜100年ももつことが最大の特徴です。

 

 

 

3.タイル

 

タイル

 

 

『タイル』は粘土や石材を砕いたものを焼き固めたものです。

 

磁器質、せっ器質のものが外壁材として使われ、耐久性・耐候性に
非常に優れ、美しさも長持ちする素材です。
基本的にメンテナンスは不要(耐用年数は40年程度)です。

 

施工業者の具術や使われる接着剤の質により、自然災害による
浮きや剥離が起こりやすい、下地の劣化に気付きづらいといった注意点も。

 

費用相場:2,500〜10,000円(1uあたり)

 

 

外壁工事

 

 

サイディング、コンクリート、タイルは、以前は主流だった
モルタルなどに比べて優れた耐久性を持っています。

 

しかし、タイルはもちろんサイディングも、外壁材のつなぎ目にあたる
目地の処理が適切にされていないと、耐久性を活かしきれませんので
注意が必要です。

 

 

 

メンテナンスフリーに近い住宅塗料はどれ?

 

 

では、メンテナンスフリーに近い塗料にはどんなものがあるのでしょうか?

 

 

1.シリコン系塗料

 

『シリコン系塗料』は、近年使用されることの多い塗料で、
耐用年数も8〜15年と一般的です。

 

費用相場:2,500円〜(1uあたり)

 

2.光触媒塗料

 

『光触媒塗料』は太陽光や雨などで外壁を綺麗に保つ作用がある塗料のため、
汚れに強いとされています。
耐用年数も10〜15年と長めですが、メンテナンスコストは高めです。

 

費用相場:4,000円〜(1uあたり)

 

3.フッ素系塗料

 

『フッ素系塗料』は費用はかかるものの、耐久性15〜20年と
トップクラスです。
光沢があるのも特徴で、商業施設などにもよく使われている塗料です。

 

費用相場:3,500円〜(1uあたり)

 

4.遮熱系塗料

 

『遮熱系塗料』は非常に高価ですが、耐久性が非常に高い
(耐用年数15〜20年)だけではなく、熱を反射する効果があり、
屋内の気温を快適に保ちます。
エコ塗料として、自治体から補助を受けられる場合もあります。

 

費用相場:5,000円〜(1uあたり)
 

5.その他(アクリル・ウレタン系)

 

以前は住宅の外壁塗装の主流だったアクリル系塗料やウレタン系塗料は、
耐用年数が10年以下と短いため、現在ではあまり使用されていません。

 

費用相場:1,000円〜(1uあたり)

 

 

失敗しない秘訣は信頼できる住宅会社を選ぶこと

 

提案をする営業マン

 

 

以上のように、外壁材と塗料の選び方次第では
住宅の外壁をメンテナンスフリーに近づけることは可能です。

 

しかし、素人判断であれこれ決めていくのには不安がつきものですよね。

 

住宅の外壁で失敗しないために大切なのが、こちらの要望にあわせた
外壁材や塗料を適切に提案してくれる住宅会社に依頼をすることです。
信頼の出来る住宅会社と一緒に、理想の家づくりを実現させてくださいね。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

手入れ不要な外壁にしたい!注文住宅はメンテナンスフリーにできる?関連記事

注文住宅を購入するにあたって注意したいこととは
注文住宅とは?メリットとデメリットで解説
注文住宅はハウスメーカーの選び方で決まる?
工務店で建てるメリットとデメリット
注文住宅で失敗しない工務店の選び方
注文住宅の引渡しまでの流れ
注文住宅の契約の流れと注意点
注文住宅で後悔しない!正しい間取りの決め方
失敗しない!注文住宅の階段の決め方
注文住宅外観の失敗しない決め方
打ち合わせの流れと注意点
注文住宅は窓で決まる!失敗しない選び方
注文住宅の間取りに吹き抜けを作るメリットとデメリット
注文住宅は年収いくらあれば購入できる?
ネット一括依頼を活用して注文住宅の購入を検討したい方へ
注文住宅だからできる!安心して子育てができるおすすめ間取り
注文住宅で取り入れたい!アイデア収納5選
失敗しやすい?注文住宅のリビングで注意したいこと
あって良かった!注文住宅おすすめオプションと必要な費用
住みたい家のイメージを形に!注文住宅の上手な要望の伝え方
注文住宅に床暖房は必要?費用対効果は高い?
おしゃれな注文住宅を建てたい方必見!デザインと外観はこう撰ぶ
欠陥住宅にさせない!新築注文住宅を建てる前に知るべき3つのポイント
バリアフリーの注文住宅はどう建てる?新築前に知りたい6つのポイント
本当に必要?屋上のある家を注文住宅で建てるメリットとデメリット
空間を活かして書斎を作る!注文住宅アイデア間取り
注文住宅の子供部屋はどう作る?知っておきたい6つのポイント

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!