トップへ戻る

住宅ローンの金利(変動・固定)比較ランキング

 

金利ランキング

 

 

住宅ローンの金利は、銀行(金融機関)選びで一番に
注目したいポイントですよね。
借入額が大きくなるため、金利が0.1%違うだけでも
数百万円の違いになります。

 

人は普段目にしないような大金になると感覚が麻痺して
しまいがちですが、最終的に住宅ローンを返済するのは
自分自身です。

 

一見するとわずかに思える差も、最終的には大きなものに
なるということをしっかりと認識して、
住宅ローンをしっかりと比較していきましょう。

 

※記事更新日:2018年11月12日

 

住宅ローンの金利推移と動向

 

金利動向

 

 

日本の住宅ローンは、多少の上下はありつつも、
長い期間『低金利状態』が続いてきました。

 

ところが、ここにきて金利上昇の動きが見られるように
なり、株価の上昇のように景気の回復を象徴するような
動きが見られつつあるのです。

 

ここ数年も『景気は回復傾向にある』と言われていましたが、
その勢いを消さないように慎重な対応がなされていました。

 

しかし、国や日本銀行も、いつまでも慎重なままでは
いられません。
つまり、現状よりも金利が下がることはまずないと
考えられているので、今が『最低金利状態』であると言えます。

 

住宅は金利が上昇するとわかってから駆け込みで
簡単に買えるような金額のものではありません。
まだ低金利であると言えるうちに、住宅ローンの申し込みや
借り換えをするのが賢い選択だと言えるでしょう。

 

住宅ローン変動金利とは?

 

 

住宅ローンの返済方法のひとつである『変動金利』は、
半年ごとに金利の見直しが行われ、5年ごとに金利が
返済額に反映される返済方法のことです。

 

(※急激な返済額のアップは負担が大きいため、それまでの
返済額の1.25倍までとなっています。)

 

変動金利は短いスパンで金利の見直しが行われるため、
金利の変動幅は比較的小さなものになっていますが、
実際に返済に反映されるのは5年分の動きの結果となります。

 

繰り上げ返済の予定がある場合や、短期での借り入れに
有利な住宅ローンとなります。

 

住宅ローン変動金利おすすめランキング2018

 

 

続いて、『住宅ローン変動金利商品オススメランキング』
みていきたいと思います。
ランキングは適用金利・サービス内容・ご利用者の口コミをもとに順位付け
しております。銀行(金融機関)選びの参考になれば幸いです。

 

 

(適用金利は2018年11月現在)

順位 銀行名 適用金利 保証料 手数料 借入可能額 詳細
じぶん銀行 0.457% 無料 借入額×2.16% 500万〜1億円 詳細
住信SBIネット銀行 0.447% 無料 借入額×2.16% 500万〜1億円 詳細
ソニー銀行 0.457%〜 無料 借入額×2.16% 500万〜1億円 詳細
ARUHI 0.457% 無料 借入額×2.16% 500万〜1億円 詳細
イオン銀行 0.520% 無料 借入額×2.16% 200万〜1億円 詳細

 

 

住宅ローン固定金利とは?

 

住宅ローンの返済方法である『固定金利』とは、
5年・10年という具合に、一定期間において金利が
変わらない返済方法です。

 

そして、その期間が終了した時点で改めて固定金利の期間を、
あるいは変動金利への変更などを選択することになります。

 

金利は変更時のものが適用となるため、大幅に金利が
上昇している可能性もあります。そのため、
将来的な負担よりも今の返済額を抑えたい時に有利です。

 

住宅ローン固定金利(10年)おすすめランキング2018

 

 

変動金利に引き続き、『住宅ローン固定金利(10年)おすすめランキング』
ご紹介していきます。ランキングは、適用金利・サービス内容・ご利用者の
口コミをもとに順位付けしております。

 

(適用金利は2018年11月現在)

順位 銀行名 適用金利 保証料 手数料 借入可能額 詳細
じぶん銀行 0.680% 無料 借入額×2.16% 500万〜1億円 詳細
イオン銀行 0.740% 無料 借入額×2.16% 200万〜1億円 詳細
住信SBIネット銀行 0.850% 無料 借入額×2.16% 500万〜1億円 詳細
ソニー銀行 0.980%〜 無料 借入額×2.16% 500万〜1億円 詳細
- - - - -

-

 

じぶん銀行住宅ローン詳細

 

じぶん銀行

 

 

株式会社三菱UFJ銀行とauの共同出資による『じぶん銀行』は、
スマホアプリで多くの手続きを行うことができる住宅ローンです。

 

auユーザーだけではなく、ドコモやソフトバンクなど
他社の携帯電話ユーザーにとっても十分に魅力的な内容となっており、
派遣社員の方や、転職したての方でも申し込みができます。

 

『がん』と診断されると住宅ローンが半額になる
保障団信が無料で付けられる点も魅力のひとつです。

 

価格.com人気ランキング第1位(新規借り入れ)を獲得するなど、
顧客人気の高い住宅ローンです。

 

 

じぶん銀行住宅ローンのメリット

 

 

  • がんの診断でローン残高が半額になる
  • 申し込みから契約までネットで完結できる
  • auユーザーにはキッシュバックなどの特典
  • 保証料・団体信用生命保険が無料
  • がん50%保障団信無料
  • 審査から契約まで最短10日

 

保証料 無料
手数料 借入金額×2.16%
借入可能期間 1年〜35年
借入可能額 500万〜1億円
一部繰上げ返済手数料 無料

 

 

じぶん銀行公式サイトはコチラ

 

 

 

じぶん銀行住宅ローンの口コミ評価

 

52歳・男性/会社員/固定金利

 

もともと私はauユーザーで、じぶん銀行のアプリに表示されていた住宅ローンの広告を見て申し込んでみました。メガバンクである『三菱UFJ銀行』と、通信大手の『au』が立ち上げた銀行ですので安心して借りることができました。何よりも金利が安かったですし、担当の方の対応も凄く良かったです。固定金利か変動金利にするかどうかで迷っていた際も、担当の方が親切丁寧にいろいろとシュミレーションしてくれました。

40歳・女性/会社員/変動金利

 

色々な住宅ローンを比較したのですが、『一番』と言って良いほど金利が安く惹かれました。また、ガン診断特約も無料でついてくるのも魅力的でした。あとは契約まで最短で10日とも書いてあったのでそこも魅力でしたが、私の場合、仮審査結果は早く分かりましたが、本審査は3週間くらいかかりました。オペレーターさんと話すことが多かったのですが、話す方が毎回変わるので結構説明が少し面倒でした。しかし、金利は安くガン診断特約もちゃんと付けられたので満足です。

32歳・男性/会社員/固定金利

 

大手銀行と異なる魅力としては、金利が低く設定されている箇所です。金額が安ければ返済がしやすいというところが魅力です。新規に口座を作ることになりますが、私の場合は新たにネット用の金融機関口座を作ってもよいと感じたので、金利が安いじぶん銀行が条件に合ったと思います。

 

住信SBIネット銀行住宅ローン詳細

 

sbi

 

 

三井住友信託銀行とSBIホールディングスの共同出資による
『住信SBI銀行』は、預金残高4兆円を突破し、
顧客満足度においても長い間高い評価を得てきた銀行です。

 

 

住信SBI銀行住宅ローンのメリット

 

  • 申し込み手続き全てをネットで完結できる
  • 契約書に記入・捺印が不要
  • 団体信用生命保険の保険料、全疾病保障等が無料

 

といったことが挙げられます。特に、病気などで支払いが困難に
なった時の保障が手厚い住宅ローンです。

 

 

保証料 無料
手数料 借入金額×2.16%
借入可能期間 1年〜35年
借入可能額 500万〜1億円
一部繰上げ返済手数料 無料

 

 

住信SBI銀行公式サイトはコチラ

 

 

住信SBIネット銀行住宅ローンの口コミ評価

 

 

35歳・女性/営業職/固定金利

 

元々ネットでほとんど完結するのが便利だったので、普通の銀行口座としても以前から利用していました。ちょうど住宅ローンを検討中だったので主人と相談した結果、固定金利のフラット35を我が家での住宅ローンとして主人が契約をして、私が頭金を一部出して共有名義にしました。金利も他店と比べて安かったし、手続きもスムーズでしたのですぐに契約まで運びました。あと、もしもの時の為に病気や怪我に特化した保険も付けることができますので、長いローン返済に対しても安心感がありました。

 

38歳・男性/建設業/変動金利

 

一戸建て建売の購入時に契約しました。地域柄地方銀行の金利が高く購入もどうしようか迷っている時にネットの検索などで見つけました。ほかにもいくつか候補があったのですが一番の決め手は銀行に行かなくてもネット上で契約出来る所でした。いちいち地方から都心に出ていくのは時間も交通費も大変です。金利の方も私の知っている地方銀行よりかなり安なり毎月の支払いもかなり少なくなりました。そのほか万一に備えての保険が無料で付帯してますので安心のです。ネット上での契約は初めてで不安でしたが説明を受けながらやりましたのでスムーズに行きました。私は契約をして良かったと思ってます。

 

イオン銀行住宅ローン詳細

 

イオン銀行

 

 

『イオン銀行』は、イオンモールやミニストップなどで知られる
イオングループが経営する銀行です。

 

イオン銀行住宅ローンのメリット

 

  • ネットからの申し込みが可能
  • イオンセレクトクラブ入会でイオンでの買い物5%オフ
  • 保証料、一部繰上返済手数料が無料

 

他行と比べて無料となる項目は少なく感じますが、
イオングループの利用が多い人にとってはメリットの大きい
内容となっています。

 

保証料 無料
手数料 借入額×2.16%
借入可能期間 1年〜35年
借入可能額 200万〜1億円
一部繰上げ返済手数料 無料

 

 

イオン銀行公式サイトはコチラ

 

 

イオン銀行住宅ローンの口コミ評価

 

35歳・男性/会社員/変動金利

 

大手企業の銀行なので、企業サービスと組み合わせることによってローンも優遇を受けられメリットがありました。特に提供されているクレジットカードを組み合わせることによって様々なサービスが受けられ、日常の生活用品を購入する際に利用している企業だったからローンを利用することにしました。そして、企業の商業施設に店舗があり、通常の銀行と比べると営業時間が長いから仕事帰りでも相談することができ、スタッフも専門性が高い方が常駐しているから安心して利用することができたのも良かったです。

 

32歳・女性/事務員/固定金利

 

当初10年固定金利で契約しました。保証料が無料で、近くの地方銀行より金利が低かったので、店舗数が少ないのは難点ですが、イオン銀行に決めました。住宅ローン契約者は、お買い物が毎日5%オフになったり、イオン店舗内のラウンジが利用できるので、イオンを買い物で利用される方にはとてもお勧めです。また繰り上げ手数料が一万円単位でできて、完済手数料以外手数料がかからないので、チョコチョコ余ったお金を返済できることもメリットです。銀行アプリでしっかりローン残金を管理できるので分かりやすいです。

 

ARUHI(アルヒ)住宅ローン詳細

 

アルヒ

 

 

ARUHI(アルヒ)は国内最大手の住宅ローン専門の金融機関で、
フラット35の取扱件数は7年連続トップという実績があります。

 

ARUHI(アルヒ)住宅ローンのメリット

 

  • 業界最低水準の金利のフラット35
  • 事前審査は最短当日、本審査は最短3営業日
  • 専用火災保険・失業保障特約などを用意
  • 返済口座が全国1,000以上の金融機関から選べる

 

住宅ローン専門だけあって幅広い内容ですが、
特にフラット35の利用者に有利なものとなっています。

 

保証料 無料
手数料 借入額×2.16%
借入可能期間 〜35年
借入可能額 500万〜1億円
一部繰上げ返済手数料 無料

 

 

ARUHI(アルヒ)公式サイトはコチラ

 

 

ARUHI(アルヒ)住宅ローンの口コミ評価

 

35歳・男性/会社員/固定金利

 

フラット35でのローンを検討しており、住宅販売業者さんがアルヒと提携していたので、アルヒに決めました。35年ローンで固定金利で借りました。仕事の休みが週末しかないので、土曜日に日程を調整していただきます、契約しました。説明は丁寧に一通りしていただきました。希望通り、固定金利でローンが組めましたので、良かったと思います。今は、固定金利でも金利が1%を切っているので、負担も少なく契約に満足しています。アルヒは繰上返済もインターネットで出来、手数料無料なので良いと思います。

 

32歳・男性/会社員/固定金利

 

私の場合はARUHIがフラット35に関してもっとも金利が低かったです。2017年10月から団信の制度が変わったので、別途払う必要がなくなり金利に組み込まれて計算されますので、ますます利用しやすくなったかと思います。さらに、フラット35子育て支援型やフラット35地域活性型などプランが多いのも魅力的です。私は子育て支援型プランを利用しました。全国に店舗がしっかりあるのも嬉しい点です。ネットだけのローンが多くありますが、店舗があるのと無いのでは相談のしやすさが格段に違います。直接会って相談できるだけで、あらゆる疑問が解決するので私としてはこの点は外せませんでした。

 

ソニー銀行住宅ローン詳細

 

ソニー銀行

 

 

『ソニー銀行』は、ソニー生命やソニー損保で知られる
ソニーフィナンシャルグループのネット銀行で、
特に個人ユーザーに重点を置いている点が特徴的な銀行です。

 

ソニー銀行住宅ローンのメリット

 

  • 専任のローンアドバイザーが手続きをサポート
  • 来店不要で手続き全てをネットで完結できる
  • 金利の発表を半月前に行うため有利なタイミングを選べる

 

 

保証料 無料
手数料 借入額×2.16%
借入可能期間 1年〜35年
借入可能額 500万〜1億円
一部繰上げ返済手数料 無料

 

 

ソニー銀行公式サイトはコチラ

 

 

ソニー銀行住宅ローンの口コミ評価

 

31歳・男性/医療機器製造業/変動金利

 

ソニー銀行はネット銀行なので、店舗ありの銀行と比較して、金利の利率が低かったので選びました。また、変動金利と固定金利を好きな時に変更できる点も魅力的でした。銀行の店舗自体も家の付近にあったので、相談が簡単にできたというのも良かった点です。またソニー生命で背名保険や、学資保険等の申し込みを受け付けているので、ソニーでほぼ全ての保険が完結できます。その場合は、ソニー銀行の振り込み手数料やATMでの引き出しについても無料になる回数が増えるなどの特典もあるのもメリットでした。

 

46歳・男性/会社員/固定金利

 

9年前にマンションを購入し、信託銀行で10年固定で1.95%のローンを組んでいました。マイナス金利導入後、各銀行のローン金利がさらに下がったので借り換えを検討しました。金利の安い銀行はいくつかありましたが、諸費用を含めた総支払額の安い銀行を探すと、ソニー銀行が候補に挙がり、見積もりを取ると今より1万円以上支払額が下がりそうなので、契約を進めました。全て電話と郵便、ネットでのやりとりなので不安でしたが、特に問題なくローンの借り換えができました。

 

住宅ローンは金利だけじゃない

 

以上のように、住宅ローンは金融機関ごとに異なる
特徴があります。

 

最大の比較ポイントは金利ですが、金利差によっては
その他の特典によるメリットも見逃せない魅力があります。

 

『住宅ローン』を申し込んだからといって
現在のメインバンクを変える必要はありませんが、
コンビニATMからの引き出しや、銀行振り込みにかかる
手数料などを考慮した場合、切り換えた方が得となる
ケースもあるでしょう。

 

普段の生活の些細な支出も、5年・10年分となると
それなりの額となります。

 

目先だけのメリットだけでなく、ローンの支払いが続く
10年、20年といったスパンで『一番お得な住宅ローン』を
しっかりと選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!