トップへ戻る

年収300万円でもマイホームの購入はできる?後悔しない住宅ローン返済方法

 

マイホームのイメージ

 

 

一昔前までは、「年収300万円の人は住宅ローンが組めない」
と言われていました。
しかし今では、所得の少ない世帯の割合が高い現状から、
年収300万円でも住宅ローンの審査に通りやすくなりました。

 

とはいえ、『家の値段が大幅に下がった』ということでは
ないので、住宅ローンの返済自体が楽になった訳ではありません。

 

では、年収300万円でも後悔せずにマイホームを
手に入れるためには、
どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

 

この記事では、『年収300万円で組む後悔しない住宅ローン』
についてご紹介したいと思います。

 

 

年収300万円でもマイホームは実現できる!

 

家と電卓と間取り図

 

 

毎月の家賃を20年、30年と支払い続けることを考えると、
マイホームを購入することは決して無謀なことではありません。

 

低金利が続いている今こそ、年収300万円の人にとって
マイホーム購入の絶好のチャンスかもしれません。

 

通常、家を購入する際は『世帯主の収入』をベースにして
住宅の購入を考えるのが一般的ですが、
既婚者で奥さんがパートや派遣などで収入があれば、
それを見込んで住宅ローンを組むこともできます。
世帯主の方が年収300万円の場合で、
より広く大きな物件を手にしたい時に有効な手段です。

 

しかし、マイホームを購入する際は、物件入手にかかる経費以外にも
『引っ越し費用』や『家具の購入費』などが必要となります。

 

家は一生に一度の大事な買い物ですが、
身の丈に合ったものを選ぶこと、そして出来るだけ
費用を抑える方法を模索することも大切です。

 

合わせて読みたい記事:
⇒ 注文住宅を安く建てるコツとは?

 

 

余裕をもって返済計画を立てる

 

砂時計とカレンダー

 

 

年収300万円となると、『生活費が余っていてゆとりがある』
とまでは言えないでしょう。

 

その状態の中で、できるだけ早く住宅ローンを返済したい
からと言って、月々の返済を目一杯の額に設定してしまうと、
いざという時に余剰資金がなくて困ることになります。

 

ライフプランは計画通り進まないものです。
予定外の急な出費でも焦らないように、余裕のある返済計画を
立てるようにしましょう。

 

 

減税制度や住宅ローン借り換えなどを積極的に利用する

 

草原にある家

 

 

年収300万円の方がマイホームを購入する際にオススメなのが、
利用できる制度を積極的に活用することです

 

例えば『すまい給付金』や、省エネ住宅が該当する
『補助金制度』、所得税などの『各種軽減措置』、
建物に関する『保険の優遇措置』など、
マイホーム購入の負担を少なくしてくれる制度は
いくつもあります。

 

 

 

アドバイスしてくれる住宅会社もありますが、
漏れがないように自らも率先して調べるようにしましょう。

 

また、購入後であっても情報の更新を怠ってはなりません。
新しい制度であっても利用できる可能性があるからです。

 

住宅ローンの借り換えや、返済の前倒しに有利な情報を
得られることもあるので、まめにニュースをチェックして
最新の情報を入手するようにしておきましょう。

 

住宅ローンの返済は長く続くものです。

 

マイホームを購入したばかりに日々の生活が苦しくなっては
何のためのマイホームかわからなくなってしまいます。
年収300万円で家を建てる際には、負担は少なく余裕を持って
賢く返済することを心掛けましょう。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!