トップへ戻る

注文住宅を購入するにあたって注意したいこととは

 

キッチン

 

 

どうせ家を建てるのなら「注文住宅にしたい!」という憧れは、
誰もが持っていると思います。

 

もちろん分譲住宅などでも素敵な間取りの物件は
沢山ありますが、『注文住宅』はこだわりを持って
家づくりができる完全オーダーメイド住宅です。

 

例えば、「外観は洋風なイメージにしたい」
「キッチンは広く取って欲しい」など
デザインや色、素材にもこだわることができるのが魅力です。

 

購入計画から完成入居までの時間は掛かりますが、
それだけ満足感で一杯の「世界で一つだけの家づくり」を
することができます。

 

しかし、オーダーメイド住宅ならではの、
注意したいポイントがいくつかあります。

 

この記事では、注文住宅を購入するにあたり、
注意したいことをまとめました。

 

 

見落としがち!?注文住宅の注意点

 

ショック

 

 

魅力的な注文住宅ですが、
購入をするにあたって注意したいこととは
一体どんなことでしょうか?

 

まず、注文住宅の広告や宣伝文句にある
「注文住宅、坪単価○○万円〜」と言った文句には
十分注意して下さい。

 

こういった広告には、
下の方に小さく40坪以上の場合などと書いてある場合があります。

 

そうなると40坪未満の場合は、
価格が大きく変わってくることが分かりますよね。

 

 

悩む男女

 

 

また、基本的には『本体工事価格』で住宅を
建築していきますが、その他に掛かる『住宅諸費用』は
別項目で加算され、総費用はどんどん高くなります。

 

ハウスメーカーのプランによっては、
希望したことが全てオプション扱いされてしまい
総費用は更に高くなる場合もあるので注意が必要です。

 

以上のことから、広告や宣伝文句は鵜呑みにせず、
まずはしっかりと見積りをとってもらうようにしてください。

 

 

信頼できる業者を選ぶこと

 

ご安心ください

 

 

注文住宅の計画を進めていくには、
信頼できる建築業者を選ぶことが最も重要となってきます。

 

ちょっとしたことでも大きなお金も動くため、
最悪の場合、予算をオーバーしたり、想像と違う家が建ったりと
取り返しの付かないことになってしまうこともあります。

 

業者は家を建てるだけではなく、建ててからの相談窓口になります。
長く付き合いのできる、信頼できる業者を選ぶようにして下さい。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

注文住宅を購入するにあたって注意したいこととは関連記事

注文住宅とは?メリットとデメリットで解説
注文住宅はハウスメーカーの選び方で決まる?
工務店で建てるメリットとデメリット
注文住宅で失敗しない工務店の選び方
注文住宅の引渡しまでの流れ
注文住宅の契約の流れと注意点
注文住宅で後悔しない!正しい間取りの決め方
失敗しない!注文住宅の階段の決め方
注文住宅外観の失敗しない決め方
打ち合わせの流れと注意点
注文住宅は窓で決まる!失敗しない選び方
注文住宅の間取りに吹き抜けを作るメリットとデメリット
注文住宅は年収いくらあれば購入できる?
ネット一括依頼を活用して注文住宅の購入を検討したい方へ
注文住宅だからできる!安心して子育てができるおすすめ間取り
注文住宅で取り入れたい!アイデア収納5選
失敗しやすい?注文住宅のリビングで注意したいこと
あって良かった!注文住宅おすすめオプションと必要な費用
住みたい家のイメージを形に!注文住宅の上手な要望の伝え方
注文住宅に床暖房は必要?費用対効果は高い?
おしゃれな注文住宅を建てたい方必見!デザインと外観はこう撰ぶ
欠陥住宅にさせない!新築注文住宅を建てる前に知るべき3つのポイント
バリアフリーの注文住宅はどう建てる?新築前に知りたい6つのポイント
手入れ不要な外壁にしたい!注文住宅はメンテナンスフリーにできる?
本当に必要?屋上のある家を注文住宅で建てるメリットとデメリット
空間を活かして書斎を作る!注文住宅アイデア間取り
注文住宅の子供部屋はどう作る?知っておきたい6つのポイント

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!