トップへ戻る

初めての新築キッチン選び!収納や間取りで失敗しないポイントとは?

 

新築のキッチン

 

 

新築住宅を建てるとき、絶対に妥協できない部分、
それは『キッチン』ではないでしょうか?

 

ご家族の日々の生活を支えるスペースですから、
絶対に失敗のないようにしたいですよね。

 

そのためにも、新築キッチンの使い勝手や、
メリット・デメリットを知っておくことが重要です。

 

この記事では、新築キッチン選びで失敗しないために
押えておきたいポイントをご紹介したいと思います。

 

 

新築住宅で対面式にするメリットとデメリット

 

新築の対面キッチン

 

 

まず、『対面キッチン』についてお話ししたいと思います。

 

皆様の中でも、「新築を建てるなら対面式にしたい!」
という方も多いのではないでしょうか?

 

ご存知の通り、通常の『独立型』だと、
リビングとは完全に分断されてしまいます。
まだお子様が小さい間は、姿を確認しながら
家事をできないのは困りますよね。

 

その点、対面式なら、
リビングの様子を確認でき、家族とのコミュニケーションも
容易になりますので、
新築するときの大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

対面式にもデメリットがある

 

一方で、対面式にはちょっとしたデメリットもあります。

 

対面式の場合、リビングと繋がっているため、
どうしても料理の匂いや換気扇の音、
家事中の物音がリビング響いてしまいます。

 

また、台所周りが雑然としていると、
その様子が来客に見えてしまう可能性があります。

 

キッチン前のカウンターを高くしたり、
内部が見えづらいような間取りにするなどして
対応するようにしてくださいね。

 

 

新築キッチンの間取りを考える

 

新築キッチンの間取り

 

 

新築キッチンの間取りを考える上では、
やはり利便性を重視しなければなりません。

 

まず、料理を運ぶことを考えると、
ダイニングはすぐ隣にあるのが望ましいでしょう。

 

もし新築住宅で対面式を選ばれるのなら、
リビングを含めてワンルームにLDKを収めるスタイル
一般的です。

 

もし独立式にされる場合は、
キッチンからの導線が良く、来客時にプライバシーが
気にならないDKか、

 

リビングのテレビなどを鑑賞できる家族のまとまりを
重視したLD型かを、ライフスタイルに合わせて
新築計画時に考えるようにしましょう。

 

 

システムキッチンで人気のあるメーカーは?

 

システムキッチン

 

今、新築住宅を建てられる方に
特に人気があるのがシステムキッチンです。

 

具体的には、流し台や調理台、収納、食洗器などが、
『ワークトップ』という天板で繋がったものをいいます。

 

すっきりとした見た目はもちろん、それぞれの設備が継ぎ目なく
一体化しているので、水などが染み込む心配もありません。

 

 

2大人気メーカー!ヤマハとクリナップ

 

数あるメーカーの中でも、新築する際に特にオススメしたい
2大人気メーカーが『ヤマハ』と『クリナップ』です。

 

 

ヤマハ

 

⇒ヤマハ(トクラス)公式サイト

 

 

ヤマハはブランド名を「トクラス」に変更していますのが、
特徴的な人工大理石によるシステムキッチンは健在です。

 

金属感のない質感に、汚れのこびりつきづらい、
掃除のしやすいキッチンです。

 

熱や衝撃にも強く、食器などを落としても割れづらいのも魅力です。

 

 

クリナップ

 

⇒クリナップ公式サイト

 

 

クリナップは、ステンレスのシステムキッチンを得意としており、
シンクの汚れ落ちの良さが抜群で、経年劣化もしづらく、
カビに強い特徴があります。

 

レンジフードに自動洗浄機能がついているのも魅力のひとつです。

 

その他、リクシル、タカラ、パナソニック
人気のあるメーカーです。

 

新築のキッチンをお考えの際は、
ご家族のライフスタイルに合わせて最良なメーカーを
選んでみてくださいね。

 

 

新築キッチンのゴミ箱はどこに設置する?

 

キッチンのゴミ箱

 

 

新築キッチンの間取りの『落とし穴』でありがちなのは、
ゴミ箱の配置スペースを作り忘れることです。

 

せっかく導線を重視した造りにしても、
ゴミ箱を置くことで阻害されてしまっては意味がありません。
冷蔵庫の配置なども同様です。

 

新築キッチンの間取りを決める際に配置を決めるか、
もしくは食器棚やシステムキッチンの中に収納できる
ビルトインタイプを選ぶという手もあります。

 

邪魔にならないことはもちろんですが、
台所内が綺麗に見えるメリットもあります。

 

 

見落としがちな収納スペース

 

パントリー

 

 

新築キッチンには豊富な収納が必要になりますが、
システムキッチンと食器棚を配置したら後の収納は忘れがちなもの。

 

実際には、

 

  • ストック食品
  • 調味料
  • 調理器具
  • 調理家電
  • 前述したゴミ箱や冷蔵庫

 

など、様々なものの収納場所が必要です。

 

新築キッチンの収納スペースを決めるポイントは、
同じ種類のものがあちこちに点在しないようにすること。

 

ストック食品や消耗品は、取りやすく消費量がわかりやすい
パントリーなどに「見える化」した収納を。
食器や調理器具はよく使うもの、種類ごとに分けて
収納できるようにしましょう。

 

もちろん、新築キッチンの導線の邪魔にならない
配置にすることが重要です。

 

 

理想の新築キッチンは十人十色!まずは比較して検討を

 

キッチンに立つ女性

 

 

新築キッチンの使い方は、使う方のスタイルによって
大きく変わります。

 

人気のあるシステムキッチンや間取りにしたからといって、
必ずしも使い勝手がいいとは限りません。

 

モデルハウスなどの見学も良いですが、
料金プランや総合的な間取りも含めて考えるなら、
複数の住宅会社から相見積もりを取ることをおすすめいたします。

 

快適な新築キッチンのためにも、じっくり比較検討してくださいね。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!