トップへ戻る

安いハウスメーカーは危険?ローコスト住宅で後悔しないために

 

安い家イメージ

 

 

「良質なものを安い値段で購入したい!」という気持ちは
どなたにでもあると思います。

 

家を建てるときだって、少しでも安い値段で建てたいというのが
本音ですよね。

 

最近では、こうしたお客様の要望に応えるかのように、
値段の安いローコスト住宅(中には超ローコスト住宅という商品も)
を前面に打ち出すハウスメーカーも増えてきました。

 

  • 「でもどうせ、安かろう悪かろうではないの?」
  • 「ローコスト住宅は危険な気がする…」
  • 「安い家だから問題点があるんじゃないの?」

 

いえ、一概にそうとは言いきれません。
安い値段で家が建てられるにはそれなりの、
きちんとした理由があるのです。

 

この記事では、ローコスト住宅についての豆知識と、
後悔しないおすすめのハウスメーカーの選び方について
詳しくお話ししていきたいと思います。

 

 

ローコスト住宅とはどんな家?

 

シンプルな間取り

 

 

そもそもローコスト住宅とは、
どのような住宅のことを指すのでしょうか?

 

何となく『安い値段で建てられる家』という漠然としたイメージが
あるとは思いますが、
具体的には下記の様な住宅のことを指します。

 

  • 30万円台以下の坪単価で建てられる家
  • 1000万円以下から1000万円台で建てられる家

 

また、これらのローコスト住宅は、建材費を安い費用に抑えるため
『木造住宅』が基本となります。

 

これから続く住宅ローンのことを考えると
安い値段で家を建てられるローコスト住宅は魅力的ですよね。

 

ローコストの家を建てる際に参考にしたい記事:
⇒ 1000万円台ローコストの家 建築事例

 

 

ローコスト住宅のメリットは?

 

住宅

 

 

ローコスト住宅の最大のメリットは、
なんといっても憧れのマイホームをローコスト(安い値段)
建てられることです。

 

一定の基準のもとで家は建てられますので、
安い値段だからといって耐震性や品質が下がることもありません。

 

また、毎月の支払い額が抑えられるので、
資産計画が建てやすいのも嬉しいポイントです。

 

 

ハウスメーカーがローコスト住宅を建てられる理由

 

はてなマーク

 

 

でもなぜ、ハウスメーカーは安いローコスト住宅を建てることが
出来るのでしょうか?それには下記の様な理由があります。

 

材料費、工事費、宣伝費、人件費を削減

 

建築コストを抑える方法としてまず挙げられるのが、
『住宅デザインのシンプル化』です。

 

外観や間取りをシンプルにすることで、まずは壁面積の
費用を安く抑えます。
壁面積を抑えると、必要な材料や工事費が削減できますので、
家を安い値段で提案することが可能になります。

 

また、人件費や宣伝費を出来るだけ抑えることで
更にコストを削減しています。

 

デザインを規格化

 

家全体のデザインを規格化することで、建築に使用される部材も
大量生産が可能になり、仕入コストを抑えます。

 

 

以上のように、建築部材の大量生産、デザインの規格化、
徹底した原価管理のお陰で、安い値段で購入できる
『ローコスト住宅』は実現しています。

 

単純に安いだけではなく、そこには企業努力があるのです。

 

安い価格で建てられる家を選ぶ際、参考になるのが坪単価です。
坪単価が安いハウスメーカーは?坪単価とは?下記記事で
詳しくご紹介しています。

 

参考記事:⇒ ハウスメーカーの坪単価を一覧表で比較

 

 

 

後悔しないハウスメーカーの選び方

 

 

考える夫婦

 

 

ハウスメーカーが安い値段で家を建てられる
理由は分かりましたが、

 

では、どこの住宅会社に依頼するのが
正しい選択なのでしょうか?

 

よくある『住宅会社のランキングサイト』や
『住宅ブログ』などで、評判や口コミを参考にして
決めることもできますが、
それだけでは本当の部分を知る為には不十分です。

 


安心して任せられるハウスメーカーを選ぶ為には、
自分自身の目でしっかりと比較するようにしましょう。

 

そのために重要なのが、なるべく多くの業者に相談し、
見積りを依頼すること。

 

1社だけに限定するのではなく、
誠実な対応で、品質の高い家を建ててくれる
住宅会社を選ぶようにしましょう。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!