トップへ戻る

ローコスト住宅で後悔?購入する前に押さえておきたいポイント

 

ローコスト住宅イメージ

 

 

良質なものを安い値段で購入したいという気持ちは
どなたにでもあると思います。

 

家を建てるときだって、少しでも安い値段で建てたい
というのが本音ですよね。

 

最近では、こういった要望に応えるかのように、
値段の安い「ローコスト住宅」を前面に打ち出す
ハウスメーカーも増えてきました。

 

  • 「でもどうせ、安かろう悪かろうではないの?」
  • 「ローコスト住宅は危険な気がする…」
  • 「安い家だから問題点があるんじゃないの?」

 

いえ、一概にそうとは言いきれません。

 

安い値段で家が建てられるにはそれなりの、
きちんとした理由があるのです。

 

この記事では、ローコスト住宅を購入してから後悔しないために、
前もって抑えておきたいポイントをご紹介します。

 

 

ローコスト住宅とはどんな家?

 

 

そもそもローコスト住宅とは、どのような家を指すのでしょうか?

 

何となく「安い値段で建てられる家」という漠然としたイメージが
あるとは思いますが、具体的には下記のような住宅を指します。

 

  • 30万円台前後の坪単価で建てられる家
  • 1000万円以下から1000万円台で建てられる家

 

これから続く住宅ローンのことを考えると、
安く家を建てることができるローコスト住宅はとても魅力的ですよね。

 

 

ローコスト住宅が低予算で建てられる理由

 

ローコスト住宅のなぜ

 

 

ではなぜ、ローコスト住宅は低予算で家を建てることが
できるのでしょうか?

 

まず第一に挙げられるのが、住宅デザインのシンプル化です。

 

外観や間取りをシンプルにすることで、壁面積を抑えます。
壁面積を抑えると、必要な材料や工事費が削減できますので、
結果、家を安い値段で提案することが可能になります。

 

また、家全体のデザインを規格化することで、
建築に使用される部材も大量生産が可能になり、仕入コストを抑えます。

 

そして、人件費や宣伝費を抑えることで更にコストを削減しています。

 

以上のように、建築部材の大量生産、デザインの規格化、
徹底した原価管理のお陰で、
安い値段で購入できるローコスト住宅は実現しています。

 

単純に安いだけではなく、そこには企業努力があるのです。

 

 

ローコスト住宅のメリットは?

 

ローコスト住宅最大のメリットといえば、
なんといっても憧れのマイホームを低価格で建てられることです。

 

一定の基準のもとで家は建てられますので、
安い値段だからといって耐震性や品質が極端に下がることもありません。

 

また、毎月の支払い額が抑えられるので、
資産計画が建てやすいのも嬉しいポイントです。

 

 

大手ハウスメーカーとローコストメーカーとの違いは?

 

ハウスメーカーの違い

 

 

大手ハウスメーカーとローコストメーカーでは、
住宅の設計の自由度や基本設備に違いが出ます。

 

ローコスト住宅は、間取りや基本設備をシンプルにすることで
コストの削減をしているメーカーが多いのです。

 

たとえば床暖房など、オプション的な設備は別料金になる
場合があります。

 

また、大手ハウスメーカーはデザイン性の高い住宅や、
凝った間取りの家づくりができますが、

 

ローコストメーカーは、デザインも間取りも予算の範囲内で
できるシンプルなものしか選べないケースがあります。

 

最近では大手ハウスメーカーでも、
資材の大量発注でコストダウンなどをはかり、
ローコストなプランを提案してくれるところもあります。

 

ただしその場合は、やはり通常のプランよりも
間取りや設備が制限されてしまいます。

 

 

断熱性や耐久性で劣る?

 

ローコストメーカーで家を建てると、シンプルで最低限の
設備になる分、大手ハウスメーカーの家と比較した場合、
気密性や断熱性においては性能が劣ってしまうこともあります。

 

ただし、耐久性に関して言えば、
日本では建築基準法で定められている耐震等級の最低ラインを
クリアしていなければ、そもそも家を建てられません。

 

ローコスト住宅だからといって、地震ですぐ倒壊するような
家しか建てられないわけではありません。
安くても、住む上で不安になるような耐久性の低い家に
なるわけではないので安心して大丈夫です。

 

また、省エネ住宅を義務化する流れもあって、
最近ではローコスト住宅メーカーも、省エネ基準を満たす
家づくりに対応するようになっています。

 

 

おすすめローコスト住宅メーカー

 

ローコストメーカーといっても、得意分野は千差万別です。

 

ローコストながらも、住宅設備の充実や気密性の高さ、
間取りの自由度など、メーカーごとに独自の強みを持っています。

 

値段を優先してしまい、
「妥協したところが使いづらくなってしまった…」
というのはローコスト住宅を建てる時にありがちな後悔。

 

ローコストメーカーで後悔しない家づくりをするのなら、
自分の希望にあった得意分野があるメーカーを選びましょう。

 

ここからは、おすすめのローコスト住宅メーカーと、
その特徴をご紹介します。

 

 

アイダ設計

 

アイダ設計

 

 

アイダ設計は、「正直価格」をモットーにした、
わかりやすい価格設定が評判のローコストメーカーです。
主な特徴としては、

 

  • 一括仕入れで資材のコストダウン
  • 震度7クラスの耐震実験クリア
  • 省エネルギーハウスで優秀賞の受賞暦あり

最長35年の長期保証があるのもポイントです。

 

 

アキュラホーム

 

アキュラホーム

 

 

アキュラホームは、職人集団によって作られた、
「品質も価格もあきらめない」家づくりができるローコスト
メーカーです。

 

直接施工、発注、共同仕入れ、独自の施工合理化システム
などでコストダウンをしています。

 

自由設計にこだわっており、
間取りの相談に細かく対応してくれるのが特徴です。

 

また、「永代家守り」という独自のアフターサービスが
あるのもポイントです。

 

 

タマホーム

 

タマホーム

 

 

タマホームは、「20代からでも買えるローコスト住宅」を
提案するローコストメーカーです。

 

中間業者のマージンを排除して直接施工、
住宅設備の大量発注でコストダウンを行なっています。

 

ローコストながら長期優良住宅に対応し、
断熱性、耐震性はもちろん、維持管理の容易性にも
こだわりがあるメーカーです。

 

 

 

みなさんの体験談!ローコスト住宅を新築して後悔したこと

 

ローコスト体験談

 

 

家は一生に一度あるかないかの大きな買い物です。
簡単に選んでしまうと、一生モノの後悔になってしまいます。

 

ローコスト住宅メーカーで新築した場合、
どんなことで失敗し、どんなことに後悔するのか…

 

ここでは、実際にローコスト住宅を新築して後悔した方の体験談を
まとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

兵庫県・やまとさんの体験談

 

数多くの住宅展示場や建売分譲のモデルハウスを見学しましたが、
所有している土地が100坪あり、割と大きな家を注文住宅で
建てようとすると坪単価を考えれば大手では予算が厳しい。
そこで、地場の工務店系でローコスト住宅を建てることにしました。

 

設計士さんと何度も打ち合わせをしこちらの要望に沿った間取り、
仕様にしていただき満足いく見た目にはなりましたが、
残念な部分はコスト削減に意識を向けるあまり、
設備部分でやはりそれなりの安っぽさが目立つ結果になりました。

 

せめて水周りだけでも良いものにするべきだったと後悔しています。

 

それなりの大きさの土地をお持ち方は上物も大きくなり、
建築費を考えればローコスト住宅はおススメですが、
細部にまでこだわりを見せないと、値段相応のクオリティになる恐れがあります。

 

建物価格 1850万円
総支払価格※土地代除く 2200万円

 

山口県・あんさんの体験談

 

建築条件付きの土地が自分たちの希望していた条件を満たしてたので、
その土地を持っていたローコストメーカーに決めました。

 

契約までは営業の方と打ち合わせをしていたのですが、
家を建て始めたら現場監督さんとの打ち合わせに変わりました。
その結果、営業の方にお願いしていたことが
伝わってなかったりとすれ違うことがありました。

 

その他の後悔した点は、

 

@大手のハウスメーカーだとタイル外壁が可能だったが、
私たちが建てたローコストメーカーは出来なかった。

 

A棚やニッチの大きさ、位置が自分の思っていたのとは
違うものになっていた。
打ち合わせのときに聞いて欲しかった。

 

B使い勝手より見た目を優先するように言われることがあった。

 

ローコストメーカーで家を建てる際は、メーカーまかせにしないで
どんな家にしたいかを自分で考えるべきだと思います。

 

建物価格 1210万円
総支払価格※土地代除く 1838万円

 

大阪府・ようこさんの体験談

 

注文住宅で、しかもローコストで家を建ててくれるという
工務店があることを知り、依頼することにしました。

 

会社はとても親切ですし、丁寧に仕事をしてくれたのですが、
ローコストということで失敗したなと思う点が出てきました。

 

それは、木材がやわいということです。

 

この前、床に物を落としてしまったのですが、
簡単に床の木材がめくれ、中から表面の木材とは違う
柔らかい木材が出てきました。

 

表だけがコーティングされており、中は別の素材になっていて
とても目立つ傷ができてしまいました。
購入する際には、目に見える部分だけでなく、
内部のことまで確認した方が良いと思います。

 

建物価格 2500万円
総支払価格※土地代除く 5000万円

 

千葉県・そら豆さんの体験談

 

私がローコストメーカーを選んだ理由は、
家をなるべく安く自由に建てたいと思ったからです。

 

しかし、今となっては後悔しています。

 

後悔したポイントの1つ目は施工の雑さです。
壁紙は一部剥がれていましたし、コーキングが甘いため、
家を建てて数ヶ月で、天井と壁の間に隙間が沢山できています。

 

後悔したポイントの2つ目は、設計の甘さです。
使いにくい間取りだったり、エアコンをつける予定だった
はずの場所に点検口があったりして困りました。

 

また、家本体のことは考えていても、
外構のことは適当だった点も残念でした。

 

これから家を建てる方は信頼できる会社を選ぶべきです。
家は安易に建て替えられません。
あせらずじっくりと検討するようにしてください。

 

 

ローコスト住宅で後悔しないためのポイント

 

ローコストポイント

 

 

後悔の口コミを見ていると、
「ローコスト住宅メーカーでは思い通りの家づくりは難しいのかも」
と思われるかもしれません。

 

しかし、いくつかのポイントを押さえておくことで、
ローコスト住宅でも後悔しない家づくりができます。

 

ここからは、ローコスト住宅で後悔しないための
ポイントをいくつか紹介します。

 

 

1.土地や地盤について調べておく

 

地盤が弱い土地だと、家を建てる前に地盤補強工事が必要になります。

 

その場合、補強工事費用が上乗せされ、
結果、予算オーバーで後悔することにも繋がりかねません。

 

また、家と一緒に土地を購入する場合、
建築条件がついていて自分でハウスメーカーや間取りを
選べない場合もあります。

 

その場合、建築条件を外す交渉や費用が必要になることも…。
土地や地盤で後悔しないよう、
事前にしっかりと確認するようにしましょう。

 

 

2.子供の成長を考えておく

 

ご家庭に小さな子供がいる場合、しっかりと抑えておきたい
ポイントがあります。

 

それは、思春期の多感な時期になるとプライバシーを
守ることができる一人部屋が必要になるということです。

 

子供の成長に合わせて、補修のついでに改築しやすい間取りに
しておくことで、後悔が少なくなるでしょう。

 

ローコスト住宅でも、自由設計に対応しているメーカーなら、
将来的な改築や部屋の使い方も含めて間取りの相談ができます。

 

 

3.地元工務店も合わせて検討する

 

大手ハウスメーカーに依頼しなくても、
地元工務店に依頼することで自由度の高いローコスト住宅を
建てられる場合があります。

 

特に土地探しから始める場合は、地元のネットワークがある
地域密着型の工務店は依頼しやすいですよね。

 

実は大手メーカーでも、実はフランチャイズ形式で
地元工務店が施工を行なっているケースも多いのです。

 

直接依頼をすることで、
中間マージンを省いて大手ハウスメーカーよりも
安くできる可能性があります。

 

地元だからこそ、その工務店で実際に家を建てた人の
生の口コミを調べやすいのもメリットです。

 

 

4.アフターサービスは充実しているか

 

せっかく家を建てても適切なメンテナンスを行わなければ、
家の老朽化を早めることになります。

 

憧れのマイホームを購入したのに、
ぐに住めなくなってしまっては意味がありません。

 

メンテナンスや保証が不十分なメーカーに依頼すると、
新築の時は良くても、数年後に後悔することになるかもしれません。

 

  • 外壁や屋根の定期的なアフターメンテナンス
  • 住宅を建設した後に不備がでないかどうかの保証
  • 長期保証サービスの有無やお値段

 

以上のアフターサービスの充実度は必ずチェックして
おくようにしましょう。

 

 

5.設計の自由度は高いか

 

ローコストメーカーの中には、決まった間取りの中からしか
プランを選べないケースもありますので、
設計の自由度の高さはじっくり検討しましょう。

 

どれだけ後悔しても、家は一度建ててしまうと
簡単に間取りを変えることはできません。

 

改築や増築には多額の費用がかかりますし、
工法によって改築が不可能な場合もあります。

 

そうなると、せっかくローコストで住宅を建てたのに、
結局費用がかさんでしまい、不満や後悔の残る家で
過ごすことになってしまいます。

 

たまたまメーカーが提案する間取りが気に入った
という場合はともかく、
設計についてはじっくり検討して損はありません。

 

 

家づくりは住宅会社選びから

 

ローコスト住宅手のひら

 

 

家づくりで後悔しない最大の秘訣は、
「自分の理想に近いプラン」で家を建ててくれる住宅会社を
選ぶことです。

 

大手ハウスメーカーでもローコスト住宅メーカーでも、
自分の理想とかけ離れたプランしか選べないのでは、
どれだけ安くても後悔が残る家になってしまいます。

 

住宅会社を選ぶときは、なるべく複数のメーカーのプランを
比較して、じっくりと検討するようにしましょう。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!