トップへ戻る

注文住宅を安く建てるコツは?

 

家とお金

 

 

注文住宅と言えば、どうしても『値段が高い』という
イメージがありますよね。
しかし、ポイントをしっかりと押さえることで、
注文住宅を安く建てることも可能です。

 

注文住宅を安く建てるコツには色々ありますが、
中でも基本となるポイントは、
安価の木造住宅にし、シンプルなデザインの家にすること。

 

これらを意識することで、
家を安く建てることが可能です。
逆にいうと、デザインや家の形状に凝れば凝るほど、
建築コストは高くなってしまいます

 

このページでは、『注文住宅を安く建てるコツ』を
詳しくお話ししたいと思います。

 

 

注文住宅を安く建てるコツはシンプルな家にすること

 

シンプルな間取り図

 

 

先述したように、注文住宅を安く建てるコツは、
家全体をシンプルなデザインにし、
工事作業費を少なくすることです。

 

反対に、外観を凝ったデザインにしてしまうと、
同じ床面積でも材料費や作業工賃も
増えていくので、結果、建築コストが高くなります。

 

同じ延床面積の注文住宅を建てる場合は、
平屋より総2階建ての方が割安です。

 

 

2階建て

 

 

これは、平屋のほうが床面積に対して
基礎や屋根の面積が広いため、割高になってしまうからです。

 

また、家を安く建てるためには内観(室内)の
作りもシンプルにしましょう。

 

もちろん構造上の多少の凸凹は致し方ないにしても、
部屋の形状も変わったデザインにはしないことが
家を安く建てるコツです。

 

 

建築使用部材や設備は必要最低限に

 

 

手のひらの車

 

 

家の設備というのは、車と同じようなものだと
考えるとわかりやすいです。

 

どんな車でも、『人や荷物を載せて移動する』という
目的には変わりませんが、
車のサイズ、ブランド、機能や性能、そして室内の広さや
内装の素材の違いに価格差が生じます。

 

車と同じく、床、ドア、窓、壁紙、浴室、
トイレ、システムキッチンなど、
家1軒の中にはたくさんの部材や設備があります。

 

もちろん安く購入できる商品もありますし、高い商品もあります。
注文住宅を安く建てるためには、
こうした費用にも注意してみてください。

 

 

システムキッチン

 

 

例えば、システムキッチンは安いもので15万円くらいから、
高額のものになると200万円近くします。

 

キッチンひとつにおいても、これだけの価格差が出てくるこことは、
注文住宅を安く建てる上で見逃せません。

 

つまり、お金をかけるべきなのか?そうではないのか?
それらをしっかり見極め、必要最低限の費用に抑えることが、
注文住宅を安く建てるコツです。

 

 

比較検討を繰り返すことが、安く建てるコツ!

 

注文住宅を安くするイメージ

 

 

注文住宅を建てる上で、デザイン性、居住性、安心、安全に
こだわるのは当然ですよね。

 

しかし、家にかけられる予算は限られていますから、
「材料の選択、施工業者の選択」を念入りにする必要があります。

 

そこでポイントなのが、なぜこの価格なのか?
ということを意識すること。

 

建てた家は、これから先長く付き合っていくものです。

 

そこに使用される部材や設備も長期間使うことを考えて、
一概に安くできれば良いというものではありません。

 

 

天然木のイメージ

 

 

価格が高いのには、高い理由があります。

 

商品の機能性を考えられた商品だったり、
デザイン性に凝った作りだったり、
長持ちをする丈夫で高品質な素材を使っていたりするのです。

 

そのような部分をしっかりと考え、
注文住宅の予算を決めるようにしましょう。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!