トップへ戻る

工務店で家を建てるとなぜ安い?その理由は?

 

家を買いたい夫婦

 

 

一生に一度の家づくりを決意したとき、
どのような施工業者に依頼をすればいいのか
迷ってしまいますよね。

 

出来れば安い費用で信頼のできる住宅会社
依頼したいところです。

 

例えば、「大手ハウスメーカー」と「工務店」を比べた場合、
どちらのほうが安い費用で建てられるのでしょうか?

 

もちろん、それぞれに長所と短所はありますが、
一般的には「工務店」の方が、
安い費用で家を建てることが出来ると言われています。

 

それは一体なぜなのか?
この記事で、家が安い費用で建てられる理由を
詳しくご説明していきます。

 

大手ハウスメーカーの建築費用の内訳

 

ハウスメーカー

 

 

「大手ハウスメーカー」は、
全国に多数の支店やモデルハウス、資材の研究施設や
生産工場を保有し、多くの社員を雇ってテレビCMや
雑誌等で宣伝を行っています。

 

つまり、大手ハウスメーカーには、
売り上げのためにかかる必要経費がそれなりに
かかっているということです。

 

 

お金

 

 

当然、その経費は商品である住宅を建てることで得ています。

 

もちろん、資材などは一括大量購入して
出来るだけ安い仕入れ価格にし、
建築工法などでコスト削減を図ってはいます。

 

しかし、大手ハウスメーカーは
下請けや孫請けの業者に施工を任せることがほとんどです。

 

そうなりますと、そこには外注料金が発生しますから、
直接工務店に頼むよりも
外注業者のマージン分が高くなり、安い費用に
することが難しくなります。

 

 

工務店の建築費用が安い理由

 

大工工具イメージ

 

 

ではなぜ、工務店は安い費用で家を建てることが
出来るのでしょうか?
その理由について、工務店の経費の実態を
見ていきたいと思います。

 

まず、工務店は地域密着型の営業をしているため、
宣伝費があまりかかりません。
もしかかったとしても、大手ハウスメーカーよりも
安い費用に抑えることができます。

 

また、特定資材のオリジナル開発は行わないので
研究費用もありません。
もちろん、家を建てる大工さんが工務店にはいますので、
大工仕事を下受けや孫請け発注しません。

 

つまり、マージンがかかるような家の建て方を
していませんので、
建築コストを安い費用に抑えることが出来ます。

 

しかも、会社の規模は小さくても使用資材は
大手ハウスメーカーとほぼ一緒ですので、
家のクオリティーに影響することはありません。

 

安い費用で、安心して家を建ててもらうことが可能です。

 

工務店で理想の家作りを

 

工務店イメージ

 

 

工務店というと「俺の建てたい家を建てる!」みたいな、
ドラマのような職人さんの会社と思っているのでしたら、
それは間違いです。

 

実際は、地域密着型でお客様の要望を第一に考えて家を作る
というのが大半の工務店です。

 

そのうえ工務店には、

 

  • 伝統的な和風づくりの設計で木材にこだわった家づくりをする工務店
  • デザインが得意な設計者が起業した工務店

 

など、費用が安いだけではなく、それぞれに特徴があるのも、
家を建てる側としては選択肢があるので助かります。

 

大手ハウスメーカーより安い建築費用で家を建て、
そして特徴ある家づくりを望まれている方には、
工務店はおすすめだといえるでしょう。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!