トップへ戻る

1000万円からの家ゼロキューブ(ZERO-CUBE)評判や口コミは?

 

耳に手を当てる女性

 

 

一生に一度の大きな買い物、マイホーム。
「どんな家にしよう?」「部屋はいくついるかな?」
考えただけでもワクワクしますよね。

 

しかし、毎月支払う住宅ローンのことを考えると、

 

  • できるだけ安く家を建てたい
  • 予算は1000万円台に抑えたい
  • ローコスト住宅にしたい

 

以上のようにお考えの方も多いはず。
そこで検討してみたいのが、1000万円から建てられる家「ゼロキューブ」です。

 

この記事では、知っておきたいゼロキューブについての知識と、
ゼロキューブの評判・口コミをご紹介していきます。
1000万円台で安心して家を建てるために、ご参考になれば幸いです。

 

 

ゼロキューブ(ZERO-CUBE)とは?

 

 

 

1000万円台で建てられる家「ゼロキューブ」は、
株式会社ベツダイによるデザイン住宅ブランド「ライフレーベル」の
ラインナップのひとつです。

 

その名の通りキューブ(立方体)のような、無駄を削ぎ落とした
四角い外観が特徴で、外壁と屋根に使用されているガルバリウム鋼板が、
耐久性とデザイン性の高さを実現しています。

 

ゼロキューブの建築工法は、2×4(ツーバイフォー)工法です。
「枠組壁工法」とも呼ばれる工法で、壁で建物を支えるため柱による
凸凹がなく、すっきりとした室内空間となっています。

 

基本的な間取りや設備が決められた規格型デザイン住宅とすることで、
本体価格1,000万円〜とローコストながらシンプルモダンの洗練された
住まいを提供しています。

 

 

オプションでセミオーダー型デザイン住宅に!

 

山になっている積み木

 

 

ゼロキューブの基本的な仕様は下記のとおりです。

 

ゼロキューブの基本仕様

 

間取り 3LDK
本体価格 1,000万円(税別)
延床面積 98.53m 2(29.80坪)
床面積

1F:52.99m 2(16.03坪)
2F:45.54m 2(13.77坪)

 

 

そのままでも十分な内容ではありますが、家族構成やライフスタイルに
よっては、ゼロキューブの基本的な仕様では部屋数が足りなかったり、
収納を追加したいこともあるかもしれません。

 

そんな希望を実現できるのが、「+FAN」オプションです。
基本的なゼロキューブをベースに、必要な機能を追加してセミオーダー型
住宅にすることができます。
+FANにはいくつかのプランがあり、追加の料金体系も明確です。

 

 

※セミオーダー型住宅とは?
規格住宅とは違い、自由に間取りを変更することができます。
仕様がある程度決まっているため、フルオーダー注文住宅よりもコストを抑えらます。
注文住宅として販売しているメーカーもあります。

 

ゼロキューブの価格・坪単価は?

 

ゼロキューブ内観外観

 

公式サイト:https://lifelabel.jp/lineup/zero-cube

 

 

基本的なゼロキューブと、セミオーダー型住宅ゼロキューブ
「+FAN」の一例について、価格と坪単価を見ていきましょう。

 

※ゼロキューブを実際に建築する際には本体価格に加えて、工事費用
および消費財が必要になります。
工事費用は建築現場の状況によって異なりますが、ここでは300万円
として計算しています。

 

  • 外構工事費用100万〜(整地・基礎工事費など)
  • 付帯工事費用200万〜(現場管理費・給排水工事費など)

 

 

ゼロキューブ(基本仕様)

 

 

家の面積情報

 

  • 延床面積/98.53m 2(29.80坪)
  • 床面積/1F:52.99m 2(16.03坪)・2F:45.54m 2(13.77坪)

 

価格と坪単価

 

本体価格 1,080万円
工事費用 324万円
合計金額 1,404万円
坪単価 約47万円

 

 

+BOX プラン(+200万円)

 

 

ゼロキューブの1階に和室とウッドデッキ、そして2階にバルコニーを
追加するプランです。

 

 

家の面積情報

 

  • 延床面積/108.47m 2(32.81坪)
  • 床面積/1F:62.93m 2(19.04坪)・2F:45.5m 2(13.77坪)

 

価格と坪単価

 

本体価格 1,080万円
オプション価格 216万円
工事費用 324万円
合計金額 1,620万円
坪単価 約49万円

 

 

+SKY BALCONY(+300万円)

 

ゼロキューブに屋上にバルコニーを追加するプランです。

 

 

家の面積情報

 

  • 延床面積/105.15m 2(31.80坪)
  • 床面積1F/52.99m 2(16.03坪)・2F:48.02m 2(14.52坪)
  • SKY BALCONY/建物内4.14m 2(1.25坪)

 

価格と坪単価

 

本体価格 1,080万円
オプション価格 324万円
工事費用 324万円
合計金額 1,728万円
坪単価 約54万円

 

 

+STORAGE(+200万円)

 

ゼロキューブに中2階の大型収納空間を設けるプランです。

 

家の面積情報

 

  • 延床面積/98.53m 2(29.80坪)
  • 生活有効床面積/119.43m 2(36.13坪)
  • 床面積/1F:52.99m 2(16.03坪)・2F:45.54m 2(13.77坪)

 

価格と坪単価

 

本体価格 1,080万円
オプション価格 216万円
工事費用 324万円
合計金額 1,620万円
坪単価 約54万円※収納も含めた場合は約44万円

 

 

ゼロキューブの評判と口コミ!住み心地はどう?

 

ゼロキューブの評判

 

 

シンプルなデザインと明確な料金体系が魅力のゼロキューブですが、
住み心地や使い勝手はどうなのでしょうか?

 

実際にゼロキューブで家を建てた人の口コミ評判を確認してみましょう。

 

 

沖縄県/suke98さんの口コミ

 

ゼロキューブの展示会に行った際、スタイリッシュな外観と
機能性の優れた室内に魅力を感じました。
そして、比較的安い価格で自分の家を持つことができるのも
魅力的でした。
しかし、ゼロキューブを建てた後に照明やエアコンなどの
設備がないことに気付きました。
ゼロキューブを建てる時には、当たり前のように付いていると
思っていたので、特に考えてはいませんでした。
これからゼロキューブを建てようと思っている人は、
付いている設備と付いていない設備をしっかりと確認して
おいた方が良いと思います。

 

  • ゼロキューブ本体にかかった費用:1400万円
  • ゼロキューブにつけたオプション:なし

 

 

神奈川県/アンドロメダ星雲さんの口コミ

 

子どもが大きくなり、広い居住空間を確保したいと考えたのが、
ゼロキューブを建てようと考えた最大の理由です。
実際にゼロキューブで暮らしてから、収納が広々としているために
室内を整理することに成功しました。
また、リビングもゆったりとしているので、家族の会話が以前よりも
増えて暮らしが楽しくなりました。
オプションの種類が多いので、建築計画を具体化するプロセスで、
もっと情報収集を丁寧に行えばよかったと考えています。
基本的なプランの建物の面積が100平米程度であり、
4人家族が暮らす場合に丁度良いサイズです。
これからゼロキューブで家を建てる場合には、事前にイベントに
参加したり、相談窓口を積極的に活用するのをオススメします。

 

  • ゼロキューブ本体にかかった費用:1500万円
  • ゼロキューブにつけたオプション:太陽光発電システム

 

 

沖縄県/watanabe78さんの口コミ

 

シンプルな作り・機能性の良さ・高級感に惹かれてゼロキューブを
建てることにしました。
また、価格も注文住宅に比べると安くすむところも魅力の一つです。
実際に住んでいてもストレスを感じることはありません。
注意点としては、ゼロキューブに付いていない設備をしっかりと
確認することです。
別途必要になる設備の費用を考えて購入するようにしてください。

 

  • ゼロキューブ本体にかかった費用:1200万円
  • ゼロキューブにつけたオプション:なし

 

広島県/りゃりりさんの口コミ

 

ゼロキューブを選んだ理由は、他の家とは違うものを建てたかった
からです。
おしゃれな家なので、「住みにくいのかな?」と少し思いましたが、
全くそんなこともなく、とても住みやすい家になりました。
防犯にも優れているので安心です。
家の中心に庭を作ったので、お友達を呼んで中庭でごはんを
楽しむこともできます。

 

  • ゼロキューブ本体にかかった費用:1250万円
  • ゼロキューブにつけたオプション:なし

 

栃木県/candyさんの口コミ

 

チラシでゼロキューブを見たとき、シンプルでモダンなデザインが
気に入って家を建てようと思いました。
価格がリーズナブルだったのも決めた理由のひとつです。
家が狭い分、空間に開放感がある建築にしてくださったので、
とても住みやすく、夫婦共々満足しています。

 

  • ゼロキューブ本体にかかった費用:1200万円
  • ゼロキューブにつけたオプション:なし

 

茨城県/ヤマネコさんの口コミ

 

私の家庭は3人家族なのですが、約3年ほど前にゼロキューブの家を建てました。
今現在も住んでいて特に不便なく感じています。
こじんまりとしていますが、私や主人は結構気に入っています。
ゼロキューブで家を建てようとした理由は建設費の安さです。
貯金などもあまりなかったので子供も産まれお金のことを考えると
少しでも安くも良い家に住みたいと思いゼロキューブにお願いしました。
最初は四角形の無機質な感じが私は抵抗があったのですが、
住むでいるうちに何の抵抗もなく快適に過ごせています。
住めば都と言いますが私達にとってはとても大切な家です。
一つだけ不満があるとすれば窓をもう少し大きいものにすれば良かったかな
と思うぐらいです。
これからゼロキューブで家を建てようと検討している方にもオススメします。

 

  • ゼロキューブ本体にかかった費用:1100万円
  • ゼロキューブにつけたオプション:なし

 

 

ゼロキューブを建てる際の注意点

 

モダンなデザインと低価格が好評で人気の高いゼロキューブですが、
建てる前に知っておきたい注意点があります。
ここでいくつか挙げていきたいと思います。

 

プランはしっかりと確認する

 

ゼロキューブを施工するのは、フランチャイズ契約している
全国の工務店です。

 

ゼロキューブの公式サイトに掲載されているオプションを
追加して家を建てたいと思っても、工務店によっては一部プランに
対応していないといったケースもあるので注意が必要です。

 

また、地域の特徴に合わせた独自の仕様を扱っているケースも
ありますので注意が必要です。

 

寒冷地で建てる場合の注意点

 

ベツダイ本社は比較的温暖な大分県にあるため、ゼロキューブの
断熱性能は基本的な水準です。
北海道や東北地方でゼロキューブを建てる場合、寒冷地仕様の
オプション(200〜300万円)を追加することになります。

 

 

1000万円からの家ゼロキューブまとめ

 

1000万円から建てられる家「ゼロキューブ」は、
無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインが魅力の家です。

 

基本的な仕様は決まっていますが、+FANのオプションを追加
することで、こだわりの住まいを建てることができます。

 

1,000万円の本体価格にオプション価格を追加していくという
明確な料金体系なので、試しに理想の住まいのプランを
考えてみてはいかがでしょうか。

 

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!