トップへ戻る

1000万円台の家に合わせたオススメの間取りは?

 

家の間取り図

 

 

「予算1000万円台で家を建てたい!」そのようにお考えの方は
沢山おられることと思います。

 

安く注文住宅を建てるためには、どこでコストを抑えれば良いのでしょうか?

 

土地にはどうしてもある程度予算を割く必要がありますし、
建材でコストを抑えすぎてしまうと、
スカスカで頼りない家になってしまいます。

 

そこでオススメなのが、間取りを工夫して予算を抑える方法。

 

間取りを工夫することで、費用はぐっと抑えられるのです。
このページでは、予算1000万円台で家の購入を検討されている方のために、
予算を抑えられるオススメの間取りを紹介していきたいと思います。

 

 

間取りで予算を抑える!3つの重要ポイントとは?

 

 

正方形に収まる間取りを

 

同じ土地の面積でも、正方形に近いほど資材コストを抑えることができます。
これは平屋でも2階建てでも同じです。

 

つまり、正方形にすっきり収まる間取りにすれば、
ぐんとコストを下げられるということです。

 

外観からみた、真四角に見える家が安く済むということですね。
当然ですが、部屋数も抑えてシンプルにした方が安くなります。

 

全体のボリュームを抑えたコンパクトな家を作ることが大切なのです。

 

 

正方形の家

 

 

無駄を省いた家づくり

 

間取りで家を安くするポイントは、無駄を極力省くことです。

 

例えば、部屋のすべてにクローゼットなどの設備を付ければ
それだけ費用がかさみます。

 

収納は各部屋に作るのではなく、
なるべく一箇所にまとめられる間取りにすると良いでしょう。

 

例えば寝室が2つ並んでいる間取りなら、ふた部屋分の収納を間に作れば
収納はひとつ減らせますよね。
また、給水や配管のことを考えると、キッチンやバス、トイレなどは
なるべく近くに配置した方が安くなります。

 

廊下のない間取りにすることでも、資材を節約することができますよ。

 

 

無駄を省いた家

 

 

プライベートより開放感を重視

 

賃貸マンションでも、同じ立地条件、同じ広さでも
ワンルームと1DKでは後者の方が家賃が高いことの方が多いですよね。

 

プライベートな空間を作るには、その分壁が必要です。

 

寝室など、どうしてもプライベートを守りたい部屋以外は、
なるべく一間で済む間取りが良いでしょう。

 

LDKは壁ではなく、カウンターテーブルや間仕切りで
空間を分ける工夫をするのもいいでしょう。

 

また、天井板を水平に貼らず、屋根裏を活用することで
コンパクトな家でも天井を広く活用できます。

 

 

LDK

 

 

空間を活かす間取りが重要ポイント

 

こうしてみると、安く済ませられる間取りで重要なのは、

 

  1. なるべく仕切りをなくすこと
  2. まとめられるものは極力一か所にまとめること

 

であることがわかりますね。
そうすることで、坪面積が少なくても効率的に空間を活かせます。

 

以上のことを参考にして、ベストな間取りを見つけてみてくださいね。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!