トップへ戻る

1000万円台で中古の家を買う!住宅ローン審査に通る秘訣と注意点

 

中古の家

 

 

  • 「中古でもいいから1000万円台の家を購入したい!」
  • 「賃貸に住んでいるけどいつかはマイホームに住みたい」

 

そのような夢をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

ところが、資金がなければ家は買えないという現実があります。
手持ちの資金が少なければ住宅ローンを組むことになりますが、
気になるのが住宅ローンの審査ですよね。

 

住宅ローンの審査に通るコツはあるのでしょうか?
この記事では、1000万円台で中古の家を買いたい方に向けて、
住宅ローン審査に通る秘訣と注意点について解説します。

 

 

住宅ローン審査に通るには?

 

電卓

 

当然のことながら、住宅ローンを利用するためには
各金融機関の審査に通る必要があります。
まずは審査前の準備として、下記のことを注意するようにしましょう。

 

  • 他のローンを契約している場合はできるだけ返済する
  • 税金が未払いの場合は支払ってしまう
  • 未使用のクレジットカードは契約解除を行う

 

自分の給与振込先である金融機関に融資の相談をしてみると
話がスムーズとなりやすい傾向にあります。

 

続いて、住宅ローン審査に通るために必要なことについて
詳しく解説していきます。

 

 

年収はいくらあればよい?

 

住宅ローンの審査基準には20項目ほどありますが、
その中でも特に重視されるのが年収です。

 

一般的に、年収の5倍くらいは銀行から借り入れできると
言われていますが、これは金利を無視した数字にすぎません。
1000万円代の家を買う場合、年収300万年以上であれば
診査のステージに立つことができます。

 

もし年収が300万円に届かない場合は、親子や夫婦で
収入を合算することで審査に通りやすくなります。

 

 

貯金なし頭金なしでも大丈夫?

 

 

貯金なし・頭金なしで住宅ローンを組むことを
「フルローン」と言いますが、フルローンでも家を買うことはできます。

 

フルローンを利用することで、頭金を貯める必要がなくなりますし、
気に入った家を見つけたら、すぐに住宅ローンを組んで購入することが
できるといったメリットがあります。

 

ただし、フルローンは返済負担が大きいというデメリットがあります。

 

家を買う資金は、「頭金+住宅ローンの借入額」ですので、
頭金なしだと借入額が大きくなり、毎月の返済額も大きくなります。

 

収入をすべて住宅ローンの返済にあてることはできません。
生活費の支出は必要になるので、返済額の負担が大きい場合は
フルローンを利用しない方がいいでしょう。

 

 

諸費用込みでもローンは組める?

 

 

家を買うと物件価格だけでなく、さまざまな諸費用がかかります。
たとえば、

 

  • 物件の登記費用
  • ローン手数料
  • 保証料
  • 印紙代
  • 引越し代
  • 火災保険料
  • 地震保険料

 

などが挙げられます。

 

これらはトータルで物件価格の3〜10%ほどになり、
一般的に自己資金で用意します。

 

たとえば1000万円の中古の家の住宅ローンを組む場合だと、
諸費用5%でも50万円です。

 

以前は、貯金なし手持ち資金なしでは住宅ローンは組めませんでしたが、
諸費用の資金がなくても金融機関から借り入れできる時代になりました。

 

諸費用込みで融資してくれる銀行も増えていて、
手持ち資金のない人でも家を買えるようになっています。

 

ネット銀行を中心に、諸費用込みの住宅ローンを認めているところは
増えており、以前と比べると融資のハードルは下がりました。
ただ、すべての銀行が応じてくれるわけではなく、
大手銀行は諸費用込みの住宅ローンに対応していないところもあります。

 

諸費用込みの住宅ローンを希望されるのであれば、
申し込みを検討している銀行へ問い合わせてみることをおすすめします。

 

 

 

中古住宅のメリットとデメリット

 

中古住宅のメリットとデメリット

 

 

どのようなものにもメリットとデメリットがあるように、
中古住宅にもあります。
続いて、中古住宅を購入するメリットとデメリットをご紹介します。

 

 

中古住宅のメリット

 

中古住宅を購入する最大のメリットといえば何と言っても、
「安い価格で家が買える」ということでしょう。

 

同じ間取りや広さの新築と比較しても、半額程度である場合が
少なくありません。
その価格が適正であるかどうかを判断しやすいのも、
中古住宅ならではといえるのではないでしょうか。

 

設計図を見せられても理解できませんし、建築パースと実物の
イメージが異なるケースもあります。
実物を評価できるからこそ、類似物件とも比較しやすく、
適正価値を把握しやすいといえます。

 

また、実際にそこで生活を始めてからのイメージがしやすいのも、
以降のミスマッチの予防となります。

 

日当たりはどうなのか、周辺に居住している人々はどのような
層であるのか、騒音に悩まされることはないのか、など、
各種のポイントをチェックすることができます。

 

上記以外にも、中古住宅は立地環境に優れていることが
多いのも見逃せないポイントです。

 

以前に誰かがそこに住みたいと思って建てているのですから、
駅から近い、学校から近い、スーパー、病院が近いなど、
利便性に優れた立地であることが多くみられます。

 

 

中古住宅のデメリット

 

中古住宅のデメリットとしては、「傷んでいること」が挙げられます。

 

以前誰かが居住していたのですから、これは仕方ありませんが、
築年数が経過しているほど「傷みの度合いが大きい」点には
注意しなければなりません。

 

1000万円台の中古住宅に限っていえば、立地にもよりますが、
かなり築年数が経過していることがほとんどです。

 

水回りを中心に、設備ごとリフォームしなければならないことも
少なくありませんので、住宅購入費以外に「修繕費」もあらかじめ
見積もっておく必要があります。

 

また、外壁にも注意してください。
外壁の寿命は10年が目安となるので、10年ごとに外壁塗装を
施さなくてはなりません。

 

加えて、目で見えない個所にも注意を払わなくてはなりません。
雨漏りしていたり、白アリがいれば、それらに気付いたときに
大きなコスト負担が生じます。

 

また、住宅ローンの控除の恩恵を受けられないケースがあります。
木造一戸建ての中古の家は、築20年以上だと住宅ローン控除が
受けられないことがあります。
住宅ローン控除のメリットは大きいので、築年数には気を付けて
物件を選ぶ必要があります。

 

 

新築一戸建てのメリット

 

新築のメリット

 

 

新築一戸建ての大きなメリットは、設備が新しいことです。
私たちの生活に必要な各種の設備は日々進化しており、
それらを用いて生活することでより良い生活環境が実現されます。

 

昨今は、自然災害が相次いでいますが、新築の場合には
最新の耐震基準に沿って建築されていることから、
より安心して生活することができます。

 

これらのように、機能性はもちろん、耐久性にも優れているので
住宅を維持するためのコストが安くなります。

 

また、注文住宅の場合には設計段階から自分たちの希望を伝えて
いけるので、理想に近いマイホームが手に入れられるという点も
新築一戸建てのメリットといえるでしょう。

 

 

注文住宅なら1000万円台で新築一戸建てが建つ?

 

上でご紹介した新築のメリットはわかっていても、
「1000万円台で手が出るものではない」と諦めている方も
いらっしゃるでしょうが、1000万円台であっても建て方によっては
新築一戸建てを手に入れることができます。

 

その建て方とは、「注文住宅で建てる方法」です。
これだけを見れば、「ローコストメーカーに依頼するのでは?」
と思われるかもしれません。

 

しかし、大手メーカーに依頼した結果、1000万円台で注文住宅を
建てられた事例がいくつもあるのです。
ここで留意すべきは、1社のハウスメーカーにこだわらないことです。

 

複数業者へと相談を入れ、各社の企画書と見積もりをしっかりと
比較するようにしましょう。
その中から、実際に話を聞いてみる先を決めていくのです。

 

 

まとめ

 

住宅の購入は一生に一度あるかどうかの大きな買い物なのですから、
いかに失敗しないかを重視しなければなりません。

 

1000万円台の資金で住宅探しをしようと情報誌やネットに
目を通していれば、とても選択肢が限られており、
なかなか満足できるような物件が見当たらないと思いますが、
そのようなときは複数のハウスメーカーや不動産業者に問い合わせ、
予算に応じたベストな提案を用意してもらいましょう。

 

上でも触れているよう、1000万円台でも注文住宅を建てる
企画の提案を受けられたり、表に出ていない物件の案内を
受けられたりしますので、より具体的に新たな住まい探しを進めて
いけるようになります。
より良い住宅探しは、業者探しから始めるのが近道ですよ。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!