トップへ戻る

土地は値引きしてもらえる?価格交渉のコツと購入のタイミング

 

土地の価格交渉

 

 

「マイホームを建てよう!」と考えたとき、
土地を所有されてない方の場合、合わせて土地を
購入することになります。

 

土地の購入は、人生の中でもトップクラスの大きな買い物です。

 

金額が大きいだけに、少しの割引でも普段の生活から
考えれば大金となります。
出来ることなら少しでも値引きしてもらいたいところですが、
実際のところ、土地の価格交渉は可能なのでしょうか?

 

この記事では、土地の価格交渉のコツとタイミング
ついて詳しくご紹介したいと思います。

 

 

土地の価格交渉は相手の立場を理解することから始まる

 

討論をする人たち

 

 

土地の売買を行うのは通常、仲介を行っている不動産会社に
なりますので、売主と直接交渉することはありません。

 

「じゃあ、仲介している不動産会社に仲介手数料などの値引きを
お願いすればいい!」と考える人がいますが、実はこれは悪手です。

 

なぜならば、不動産会社の『必要経費と儲け』となる部分
ですので、値引きの余地がないからです。

 

また、値引きしてもらえるように土地のあら探しを
するのもお勧めできません。

 

不動産会社としては、いくらケチをつけられても
土地の値引きする権限を持っていないからです。
売主の立場でも、土地に難癖をつけて価格交渉をしてくる
ような人には売りたくないですよね。

 

 

まずは土地の相場を把握しておく

 

土地相場のイメージ

 

 

では、あなたが土地の売り手だった場合、
どんな相手だったら土地を値引きしてもいいと思いますか?

 

最も効果的なのは、土地を現金一括で購入することです。
喜んで土地の値引きをしてくれるでしょう。
しかし、金銭に余裕がある人は別ですが、一般的には
現実的な方法ではありませんよね。

 

では、どのような方法で交渉すればよいのでしょうか?

 

あからさまに値引きを交渉するのではなく、
「この価格なら土地を購入できる」という方向で
交渉をするのがおすすめです。

 

「立地が良く、広さも申し分ない土地なのだが、
予算がこれしかない。どうにかならないだろうか?」と
言われれば、少しは考えてみようという気にもなるものです。

 

但し、土地の相場とかけ離れた金額では無理があります。

 

互いに良い取引だったと思える範囲で提示するのが
交渉をまとめるコツです。
まずはその土地の相場をしっかりと調べてから
価格交渉に望むようにしましょう。

 

 

値引き可能な物件とタイミングを見極める

 

土地と家

 

 

不動産(土地)の多くは、売りに出した直後は多くの人の目に
留まります。
皆様もご存知の通り、新聞広告や不動産会社のサイトでも
常に新しく売りに出した物件が目立つようになっていますよね。

 

この時点では売主も不動産会社も強気です。
自分達が適正と感じつつも、十分に儲けが出る
土地の金額を掲載しています。

 

ところが、何らかの原因で土地がすぐに売れなかった場合、
広告やサイトでの注目度は低くなり、売り主や不動産会社が

 

「この土地の価格では高いと思われたのだろうか?」
「もう少し安くしなければ売れないのではないだろうか?」と
少し弱気になり始めます。

 

なかには、土地がすぐに売れなくても困らないという
売主もいますが、多くの場合は一日でも早く土地が売れて
ほしいと願っています。

 

「値下げしてもいいかな?」と思い始めそうな土地、
あるいは、そのタイミングを狙うのが値引き交渉の秘訣です。

 

具体的には、売りに出してから最低でも2、3か月以上
経過している土地を狙うのがお勧めです。

 

土地交渉のコツ、タイミングをしっかり見極めて、
予算に合った理想通りの土地を探してくださいね。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!