トップへ戻る

注文住宅に核シェルターを設置すると費用はいくらかかる?

 

家を守る手

 

 

近年、自然災害の規模が拡大化していることや、
周辺諸国との緊迫した関係などから『核シェルター』の
必要性を感じる方が増えています。

 

注文住宅の設計においても、家の安全性や様々な
危険を回避する観点から、シェルターを検討することは
妥当な判断と言えるかもしれません。

 

しかし日本においてはまだ一般的なものでは
ありませんので、どのような機能があって、
住宅に設置する費用はいくらくらい掛かるのか
疑問に思われている方も多いのではないでしょうか?

 

この記事で詳しくご紹介したいと思います。

 

 

核シェルターの機能と役割

 

家を守る

 

 

一般的に『シェルター』というと、頑丈で強固な構造の
小部屋を思い浮かべる方が多いと思います。
しかしそれだけの機能ならば、『地震・津波シェルター』
というものに分類されます。

 

外からの圧力に対して強く、津波の時には浮くような
造りとなっており、自然災害を想定した場合には安全な
避難場所となります。

 

しかし『核シェルター』の場合は、頑丈な造りである
ことに加えて、空気の濾過機能も必要となります。

 

それは、放射性物質や毒ガスといったものから守ることも
必要になってくるからです。
爆風から守るための構造は耐震性にも通じ、
地震対策としても十分な機能を発揮してくれます。

 

また、シェルター内である程度の時間を過ごすことを
考慮し、飲料水や食品、自家発電などの電力、灯り、トイレ、
毛布といったものを別途用意することも忘れてはなりません。

 

その中で安心して過ごせるように環境を整えることも
大事な役割なのです。

 

 

家庭用核シェルターの種類と費用

 

住宅と間取り図

 

 

『家庭用核シェルター』は、大きく2つの種類に分ける
ことができます。

 

まず、別途製作されたシェルターをそれごと地中に埋めて
他の部屋とつなげる方法(後から住宅に設置)と、

 

住宅の一室をシェルターとして使用できる構造にして、
そこへ空気の濾過装置など必要となる設備を設置する
方法(最初から住宅に設置)があります。

 

それぞれの費用について詳しく解説していきます。

 

 

後から住宅に設置する場合

 

 

先に挙げた既製品のシェルターは、本体価格のみで
約800万円程度掛かります。
そこに配送料や施工代金なども含めた場合ですと、
軽く1000万円を超えてしまいます。

 

しかも既製品なので間取りの自由はありません。
設置することを前提にして住宅を設計する必要が出てきます。

 

 

最初から住宅に設置する場合

 

 

後者の方はどこまでの構造にするかによって費用が
大きく変わってきます。

 

最新のエアコンタイプの濾過装置の場合ですと、
本体価格のみで約280万円程度です。

 

また、広さにもよりますが、耐熱ドアなどのある
本格的なシェルターにするならば、
施工費込みで1000万円程になるケースもあります。

 

しかし、私たちが設置する分にはそこまでの構造に
する必要はありません。

 

 

住宅の地下にしか設置できない?

 

鉄筋住宅

 

 

設置場所は、住宅の地下でなくても問題はありませんし、
木造住宅でも設置可能です。

 

もちろん地下や鉄筋コンクリート住宅の方が安全性は
高まりますが、性能が劣る分は使用する資材や構造上の
工夫である程度はカバーすることができます。
そして地上での設置であれば費用はさらに少なく済みます。

 

専門家の判断を仰ぎながら、どのような住宅設計に
するのか最終的な決断を下すようにしましょう。

 

 

住宅の周辺環境を考慮して設置を検討する

 

家の周辺環境

 

 

核シェルターは住宅の設備としては高価なものになります。

 

しかし、家族の安全性を考えれば金額で価値を決められる
ものでもありません。住宅に掛ける総合的な予算と相談しながら
検討する必要があるでしょう。
 
そして、設置するうえで大事なのは周辺環境に合ったものを設置する
ということ。

 

海辺に近く、津波の危険性があるエリア付近の住宅ならば
水に浮くものを検討しなければなりませんし、
住宅のすぐ近くに安全性の高い避難場所があるならば
無理に核シェルターを設置する必要はないかもしれません。

 

様々なリスクを考慮しながら冷静に判断するようにしましょう。

 

住宅に設置すると決めたなら、
専門的な知識のある建築家や工務店、ハウスメーカーといった
住宅会社に依頼することが大切です。

 

せっかくの設備も、「いざという時に機能しなかった…」では
困りますよね。

 

たとえ時間がかかったとしても、安心して任せられる業者を
しっかりと選定するようにしましょう。

 

 

⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る


1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!