トップへ戻る

注文住宅にかける費用の市場動向

 

家族

 

 

人生で一番大きな買い物と言われているのが『家』です。

 

そして、できることなら「注文住宅」にして、家族の希望や要望、
こだわりなどを取り入れた世界にひとつだけの家を建てたいですよね。

 

しかし、なんといっても気になるのが家に掛かる費用
家を購入された方は、どれだけの予算で家を建てられたのでしょうか?

 

注文住宅を建てて『失敗』や『後悔』をしないためにも、建築までの
資金計画は中途半端にせず、しっかりと考えておきましょう。

 

 

注文住宅の市場動向

 

資金

 

 

国土交通省の『住宅市場動向調査』の結果、注文住宅を建築した人の
資金総額は平均3614万円だったそうです。

 

注文住宅の費用は本体価格+付帯工事費が掛かります。
費用の割合目安としては、
本体価格が70〜80%付帯工事費が15〜20%位となっています。

 

皆様は、平均3614万円という数字をご覧になってどう思われましたか?

 

「自分達の予算では建てるのは難しそう…」そう思われた方もいるかもしれません。

 

しかし、この金額はあくまでも平均額です。
更にお金を掛ける人もいれば、反対に費用を抑える人もいます。

 

「特殊工法」などを使用したり、木材や金属などにこだわりを
持つと費用が加算されていきます。

 

自分達に合った、無理のない家づくり計画を立てていくことで、
注文住宅を安く建てることも可能です。

 

 

家づくり計画はしっかりと!

 

家の計画

 

 

「注文住宅を建てる」と決めたとき、
一番重要なのは建てたい家のイメージを固めることです。

 

例えば、

 

・どんな形態の家を建てたいのか?
・広さや間取り、デザインや色はどうしたいか?

 

以上をしっかりと考えてみてください。

 

もしどうしてもイメージがまとまらない場合は、『希望の間取り』や『予算』などを
住宅メーカーに伝えて、間取り図を含む見積りを作ってもらうのもいいでしょう。

 

ここで重要なのが、一社だけではなく複数社へ見積もりをとること
複数のメーカーを比較することで、イメージに近いプランを選ぶことができます。

 

住宅ローンで注意すること

 

ローン計画

 

 

注文住宅を購入する際、ほとんどの方が『住宅ローン』を組んで
家を購入されると思います。

 

通常であれば、住宅ローンは20年、30年と続くものです。

 

将来の返済額の変化に無理はないか?ということも、
しっかりと確認してからローンを契約するようにして下さいね。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!