トップへ戻る

見積もりによる注文住宅にかかる費用の試算立て

 

マイホーム

 

 

『家を買う』ということは、人生の中で何度もあることではありませんよね。

 

規格住宅・建売住宅などの家がありますが、
中でも自分の希望や要望を自由に取り入れることができる注文住宅」は、
マイホームをお考えの方に特に人気があります。

 

このページでは、注文住宅をご検討中の方に向けて、
注文住宅にかかる費用について、詳しくお話ししていきたいと思います。

 

家は大きな買い物になりますので、かかる費用をしっかりと試算し、
失敗のない計画を立てるようにしましょう。

 

 

注文住宅を建てるために

 

リビング

 

 

まず注文住宅について簡単にご説明します。

 

注文住宅は、規格住宅や建売住宅とは違い、「オーダーメイドの家」になります。
自分好みのオリジナルの家をつくることができるため、

 

「リビングは吹き抜けにしたい」とか「中庭を作って欲しい」
「色やデザインはこうしたい」など、ほとんどの要望に対応してもらえ、

 

計画から引渡しまでに多少時間は掛かりますが、
それだけ満足のいく「家づくり」をしていくことができます。

 

 

注文住宅に掛かる費用は?

 

家に掛かる費用

 

 

注文住宅で家を作るとなると、費用はどれくらいかかるかご存じでしょうか?

 

費用を大きく分けると、『本体工事費』という建物全体をつくるために必要な
費用が、全体の約70〜80%を占めます。ちなみにこの中には

 

  • 内装外装工事
  • 電気ガス工事
  • 排水工事

 

などの費用が含まれます。
他には、「付帯工事費」という下記の作業をする費用が掛かり、全体の約15〜20%を占めます。

 

  • ガスや電気の引き込み
  • 地盤調整
  • 冷暖房や換気工事

 

最後に「諸費用」として、工事には直接関係しませんが
ローン関連費用や税金、保険などが全体の5〜10%を占めます。

 

 

まずはしっかりと試算をしましょう

 

電卓

 

 

全てを合わせて『総費用』となりますが、実際の費用は見積もりを出して
もらうことでしか確認はできません。

 

その際は、複数の業者から概算見積もりを依頼してみるといいでしょう。

 

目安としても参考資料になりますので、1社だけで取引せずに、
いくつか検討するようにしてください。

 

また、概算見積もりはあくまでも目安ですので、
実際にかかる金額の7〜8割程度だと頭に入れておいて下さい。

 

何にどれだけの費用がかかっているのかをしっかりと把握し、無理のない
返済になるよう、試算していきましょう。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!