トップへ戻る

大手ハウスメーカー10社を比較!特徴・評判・坪単価は?

最終更新日:2019/12/07

 

ハウスメーカー比較

 

 

注文住宅で家を建てよう!と決意してみたものの、

 

  • 「どこの住宅会社に依頼をすればいいの?」
  • 「どのハウスメーカーが評判がいいの?」
  • 「工務店とハウスメーカーどちらを選ぶべき?」

 

などと迷われている方も多いのではないでしょうか?

 

例えば全国区の大手ハウスメーカーに建築依頼をする場合、
テレビCMや広告でよく目にするため安心感がありますよね。

 

そして地元工務店に依頼する場合だと、
地元密着で細やかな対応をしてくれそうなイメージです。

 

「住宅会社」と一口で言っても、
得意な家づくりや坪単価(費用)も変わってきます。
では、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

まず始めに、中堅ハウスメーカー・大手ハウスメーカー
そして地元工務店のメリットとデメリットを比較してみましょう。

 

 

 

大手ハウスメーカーの特徴

 

メリット デメリット
  • 品質管理が徹底している
  • アフターサービスの充実
  • 保障内容が充実している
  • 信頼性が高い
  • デザイン力が高い
  • 住宅価格が高い
  • 設計の自由度が低い
  • 見積もりが分かりづらい

 

中堅ハウスメーカーの特徴

 

メリット デメリット
  • 品質管理が徹底している
  • アフターサービスの充実
  • 保障内容が充実している

 

  • 住宅価格が高め
  • 設計の自由度が低い
  • 見積もりが分かりづらい

 

地元工務店の特徴

 

メリット デメリット
  • 細やかな対応が可能
  • 低コストで家づくりが可能
  • 要望に答えてもらいやすい
  • ハウスメーカーよりも安い
  • 倒産の恐れが高い
  • 工期が長くなりがち
  • 長期保障がないことも

 

※上記の情報は一例です。すべての住宅会社に当てはまる訳ではありません。

 

 

この記事では、大手ハウスメーカー10社に重点を置き、
特徴・評判・坪単価を工務店と比較しながら詳しく解説して
いきたいと思います。

 

「大手だから大丈夫!」と安心する前に、しっかりと情報収集を
してみましょう。

 

 

「ローコスト住宅メーカーも気になる…」という方はコチラの記事もおススメです。

⇒ ローコスト住宅ランキング!安くておすすめのハウスメーカーはどれ?

 

 

木造住宅と鉄骨住宅の違いは?どの工法を選べばいい?

 

 

住宅の工法には、木造や鉄骨といった種類があります。
木造と鉄骨それぞれのメリットとデメリットをしっかりと
把握したうえで、

 

  • どの工法で住宅を建てるのか?
  • その工法を得意とするハウスメーカーはどこなのか?

 

しっかりと検討するようにしましょう。
下記一覧表にて、それぞれのメリットとデメリットを簡単に紹介します。

 

 

木造住宅と鉄骨住宅のメリット・デメリット一覧

 

工法 メリット デメリット
木造住宅
  • 地震や台風に強い
  • 吸湿性に優れている
  • 間取りの自由度が高い
  • 鉄骨住宅と比べ税金が安い
  • 風雨で劣化しやすい
  • シロアリなどの害虫に弱い
鉄骨住宅
  • 耐震性が高い
  • 防火性が高い
  • 防音性が高い
  • 断熱性と防湿性が木造に劣る
  • サビに弱い
  • 間取りの自由度が低い
  • 木造住宅と比べ税金が高い

 

 

大手ハウスメーカー10社の坪単価と工法を比較

 

坪単価比較

 

 

大手ハウスメーカーは、安定した品質を誇っています。
しかし、いくらいい家を作れるとしても、
予算を大幅にオーバーしてしまっては困ってしまいますよね。

 

大手ハウスメーカー各社の坪単価を比較し、
予算についてじっくり検討してみましょう。

 

下記の比較表にて、大手ハウスメーカーの坪単価の目安と
主な工法をご紹介します。
比較する際の参考にしてみてくださいね。

 

 

大手ハウスメーカー10社の坪単価比較表

 

ハウスメーカ名 坪単価の目安 主な工法
積水ハウス 約50〜80 軽量鉄骨工法・木造軸組み工法
大和ハウス 約55〜65 軽量鉄骨工法・木造軸組み工法
ミサワホーム 約65〜75 木質パネル工法・重量鉄骨工法
住友林業 約70〜80 木造軸組み工法
セキスイハイム 約65〜75 鉄骨工法(ユニット工法)
パナソニックホームズ 約70〜80 鉄骨工法(ユニット工法)
三井ホーム 約70〜80 木造軸組み工法・ツーバイフォー工法
ヘーベルハウス 約65〜70 鉄骨系プレハブ工法
トヨタホーム 約60〜70 鉄骨ユニット工法・軽量鉄骨工法
一条工務店 約60〜70 木造軸組み工法

 

 

大手ハウスメーカーランキング2019!特徴と口コミ評判は?

 

口コミ

 

 

予算の目安がわかったら、次はどの大手ハウスメーカーなら
自分の理想の家を建てられるのかをじっくり比較検討しましょう。

 

ハウスメーカーごとの特徴を比較するのはもちろんですが、
口コミや評判なども気になりますよね。

 

下記より、各ハウスメーカーの特徴・口コミ評判を
ランキング形式でご紹介していきます。
ハウスメーカーを比較する際の参考にしてみてください。

 

「ランキングを全部見るのは面倒くさいな…」

「1つずつ見てる暇なんてないよ…」
という方には、こちらもおススメしています!

 

⇒ 【無料】複数の住宅会社にまとめて資料請求

 

 

 

積水ハウスの特徴と口コミ評判を比較

 

積水ハウス

 

坪単価の目安 約50〜80
採用工法 軽量鉄骨工法・木造軸組み工法
主な外壁材 ダインコンクリート
耐震性(耐震等級) 3相当
公式サイト https://www.sekisuihouse.co.jp/

 

積水ハウスの特徴は?

 

積水ハウスは、大手の中でも施工実績で群を抜いている
大手ハウスメーカーの代表格です。軽量鉄骨や木造工法を中心としています。
設計の自由度としてはあまり高くありませんが、
その分、住宅業界他社と比較しても豊富な商品のラインナップを誇っています。
次世代省エネ基準を全棟クリアしているというのも、注目すべき点でしょう。

 

積水ハウスの口コミ評判は?

 

Sさん:岡山県/30代男性

 

私が積水ハウスを選んだ理由は、一年間住んでいたアパートが
積水ハウス関係で、デザインが気に入っていたからでした。

 

営業担当者の方も親切丁寧で、ちょっとしたことで相談しても
大変満足のいく対応をしてくれました。

 

実際建てた家も、外装、内装、耐震性等思った通りの物で
満足しています。これから先何年も住むことになりますが、
なんの不安もない造りだと思います。

 

また、1年、3年、5年、10年とアフターメンテナンスも
あるので安心です。積水ハウスで建てて良かったと思います。

 

⇒ 【無料】クリックして資料請求をする

 

 

大和ハウスの特徴と口コミ評判を比較

 

 

大和ハウス

 

坪単価の目安 約55〜65
採用工法 軽量鉄骨工法・木造軸組み工法
主な外壁材 DXウォール
耐震性(耐震等級) 公表なし
公式サイト https://www.daiwahouse.co.jp/

 

大和ハウスの特徴は?

 

大和ハウスは、売り上げ実績トップクラスの大手ハウスメーカーで、
賃貸物件や商業施設の建設も広く手掛けています。
軽量鉄骨が中心で、他社の鉄骨造りメーカーと比較しても珍しい
外張り断熱仕様『XEVO(ジーヴォ)』シリーズが人気です。
防犯性にも気を使われており、次世代省エネ基準にもしっかり対応しています。

 

大和ハウスの口コミ評判は?

 

Mさん:岡山県/20代男性

 

私達家族が大和ハウスを選んだ理由は、
地震に強くアフターメンテナンスもきちんとしている
という評判を聞いたことがあったことと、
親戚からの紹介もあり安心感があったからです。

 

営業の方の対応はとても良く、分からないことや
疑問に思っている事は詳しく分かりやすく説明して
くれたのでとても助かりました。

 

大和ハウスの家は、夏は涼しくて冬は暖かいので、
小さい子供がいる我が家にはとても住みやすく、
天井が高く広く感じるので解放感もあります。
シンプルな内装なので飽きもこず、とても
満足して過ごせています。

 

また、定期的に無料の点検をしてくれるので、
とても安心して暮らすことが出来ています。

 

 

⇒ 【無料】クリックして資料請求をする

 

 

ミサワホームの特徴と口コミ評判を比較

 

 

ミサワホーム

 

坪単価の目安 約65〜75
採用工法 木質パネル工法・重量鉄骨工法
主な外壁材 タイル・サイディング
耐震性(耐震等級) 公表なし
公式サイト https://www.misawa.co.jp/

 

 

ミサワホームの特徴は?

 

ミサワホームはデザイン力に定評があります。グッドデザイン大賞を初めて受賞した
大手ハウスメーカーで、その後27年連続で受賞するほどの実力があります。

 

独自の工法である木質パネル接着工法を採用しており、パネルを接着した上で
さらにボルトで留めるため、非常に優れた耐震性を誇っているのが特徴です。

 

ミサワホームの口コミ評判は?

 

Yさん:北海道/40代女性

 

ミサワホームを選んだ理由は、「蔵のある家」が魅了的
だったことと、営業担当さんの感性が、非常に私たち夫婦と
似ていたことです。

 

その方が営業担当になられたのは最近だったようで、
お金関係のことはあまり強くなく時々困ることも
ありましたが、何よりも親身に相談に乗って下さり、
色々と融通を効かせてくれました。

 

現場担当の方との意見の食い違いをうまく擦り合わせて
くれたり、色々な制度を使えるようにしていただけたりと
気配りがとても素晴らしかったです。

 

ミサワホームの家は暖く、地震にすごく強いです。
スマホの緊急地震警報が鳴った時も、
いつ地震が来たのか分からないくらい揺れませんでした。

 

アフターメンテナンスもしっかりしていて、
定期検査の他に不具合が出るとすぐに対応して下さるので、
今のところ何も不具合も不都合もありません。

 

費用は掛かりましたが、長期優良住宅に認定されたことで
受けられる恩恵も大きいです。

 

 

⇒ 【無料】クリックして資料請求をする

 

 

住友林業の特徴と口コミ評判を比較

 

 

住友林業

 

坪単価の目安 約70〜80
採用工法 木造軸組み工法
主な外壁材 サイディング・吹付
耐震性(耐震等級) 3相当
公式サイト https://sfc.jp/

 

 

住友林業の特徴は?

 

住友林業は『林業』という名前だけあり、
他の木造住宅メーカーと比較してもトップクラスの実績を誇っています。

 

主に、木造軸組工法・ビッグフレーム(BF)構法・ツーバイフォー工法
3つの工法の商品を扱っています。
特にビッグフレーム工法は、木材商社であるからこその木材の知識、
ノウハウを活かした、構造強度と自由度の高さ両立する独自技術です。

 

 

住友林業の口コミ評判は?

 

Kさん:愛媛県/20代女性

 

以前母が家を建て直す時に、様々な大手ハウスメーカーの見学に
一緒になって着いていったのですが、
「シックハウス症候群がある」という悩み伝えた際、
どうすれば良いのかを一番丁寧に答えていただいたこと、
そして兄が働いていたこともあり、他社と比較した結果、
住友林業で家を建てました。

 

営業の方は、CMで有名な、BF(ビックフレーム)での建て方を
すすめてこられましたが、MB(マルチバランス)で建てると
50万ほど安くなりこと、そして他の大手ハウスメーカーさんよりは
耐久性があったので、値段を取りMBでの建て方にしました。
それでも嫌な顔せず、とても丁寧に親切に話を進めてくれました。

 

電気を使った24時間換気システムなので、実際住んでみても、
そこまでシックハウス症候群に苦しむことはありませんでした。

 

他の大手ハウスメーカーさんは10年単位でのメンテナンスに対し
住友林業さんは30年と単位ということです。
3ヶ月、1年、2年、3年と無料メンテナンスもつきます。

 

他社よりも住友林業は高めですが、アフターメンテナンスの
費用を先払いしたと考えると他の大手ハウスメーカーさんよりも安いです。

 

 

⇒ 【無料】クリックして資料請求をする

 

 

セキスイハイムの特徴と口コミ評判を比較

 

 

セキスイハイム

 

坪単価の目安 約65〜75
採用工法 鉄骨工法(ユニット工法)
主な外壁材 磁気タイル
耐震性(耐震等級) 3相当
公式サイト https://www.sekisuiheim.com/

 

セキスイハイムの特徴は?

 

セキスイハイムは、鉄骨プレハブ住宅を中心とした大手ハウスメーカーです。
太陽光発電システムをいち早く取り入れ、エコ住宅に力を入れています。
ユニット工法なので短工期で施工可能で、ユニット工法には珍しく、
プランの自由度が高く大型開口の間取りにも対応可能です。

 

 

セキスイハイムの口コミ評判

 

Mさん:宮城県/30代男性

 

当時住んでいた家の、一番近い場所にセキスイハイムの展示場があり、
実際に行ってみたのが家を建てたきっかけです。

 

営業の方から具体的な金額などの説明を聞き、
テンションが高くなり、そのまま他を見ることなく勢いで決めました。

 

また、担当してくださった営業の方は誠実な方でした。
当初、予定金額のローンが組めなさそうで、
申込み自体を諦めようかと考えていましたが、的確にアドバイスを
していただいたり、何社も金融機関を紹介してくだいました。

 

実際に住んでみると、CMの通り冬は暖かいです。
ただ、乾燥するので加湿器必須です。

 

夏はそれなりに暑くなりますが、追加でエアコンを入れなくても
扇風機と快適エアリーのみですみます。
住んで5年ほどですが、不都合を感じる事はありません。

 

 

⇒ 【無料】クリックして資料請求をする

 

 

パナソニックホームズの特徴と口コミ評判を比較

 

 

パナソニックホームズ

 

坪単価の目安 約70〜80
採用工法 鉄骨工法(ユニット工法)
主な外壁材 タイル
耐震性(耐震等級) 3相当
公式サイト https://homes.panasonic.com/

※2018年4月に、パナホームはパナソニックホームズに変更されました。

 

パナソニックホームズの特徴は?

 

パナソニックホームズは、電化製品などでも有名なパナソニックグループの住宅会社です。
軽量・重量鉄骨造を得意とし、ゼロ・エネルギー・ハウス仕様や
スマートハウス仕様、二世帯住宅など幅広く展開しています。
家電メーカー系列の住宅会社ならではの、住宅設備を含めた高い提案力が特徴です。

 

 

パナソニックホームズの口コミ評判は?

 

Jさん:岡山県/20代女性

 

当時住んでいたアパートの近くで、パナホーム住宅の完成見学会を
しており、実際に見に行ってみて「自分達の予算でも建てられる」と
分かり決めました。

 

営業の方も丁寧で、各商品の特徴も分かりやすく教えて
くれました。また、ローンの支払いに関しても分からない所は
すぐに答えてくれて信頼できました。

 

自分達の希望した間取りが実際に建てられて感動しました。
細かな所では、各部屋の壁紙からバスタブなども
自分達で選べたので、とても愛着を持って使えています。

 

アフターメンテナンスに関しては、
『パナホームあんしん倶楽部』という保険に入っているので、
通常の定期点検にプラスして安心感があります。
その保険では、太陽光を付けて天候が優れない日が続き、
予定より売電出来なかった際の保証もしてくれるので嬉しいです。

 

 

⇒ 【無料】クリックして資料請求をする

 

 

三井ホームの特徴と口コミ評判を比較

 

 

三井ホーム

 

坪単価の目安 約70〜80
採用工法 木造軸組み工法・ツーバイフォー工法
主な外壁材 モルタル
耐震性(耐震等級) 3相当
公式サイト https://www.mitsuihome.co.jp/

 

三井ホームの特徴は?

 

三井ホームは、ツーバーフォー工法を採用した木造住宅メーカーで、
『木造耐火建築認定』を取得している数少ないメーカーです。
デザイン力が非常に高く、タイル張りなどインテリアにはかなり自由度の高い
こだわりを活かせます。
しかしツーバイフォー工法ゆえに間取りの自由度は低く、坪単価も高めです。

 

 

三井ホームの口コミ評判は?

 

Sさん:埼玉県/女性

 

三井ホームを選んだ理由は、まず家のデザインがとても
好みだったんです。「家を建てるなら三井ホームさんが良い!」
と昔から決めていたくらいで。

 

それと、もう一つは夫が「全館空調を絶対に入れたい」と
希望していたんです。
三井ホームさんは、全館空調を得意とする会社でもあったので、
夫婦共に希望が合致していたので直ぐに決まりました。

 

営業の方の対応もとても良くて、丁寧にいろんなアイデアを
提案してくれました。

 

特に私の所の営業担当の方は建築士の免許も持ってる方だったので、
家の窓一つ付けるにもカッコイイ位置でのバランスに
気を遣ってくださったり、また構造上でも地震に強い家を
考えてくれたりと至れり尽くせりで安心してお任せできました。

 

家を建ててから2〜3年は家が動くと言われていて、
その間に壁紙が歪んだり亀裂が入ったりするなんてことを
聞いていましたが、そういうことも全くありませんでした。

 

現にもう10年近く住んでいますが、何のトラブルもなく
本当に大満足の家です。夫の希望してた全館空調も快適ですしね。

 

アフターメンテナンスは1年・3年・5年と見てもらいましたが
特に問題ありませんでした。
本当に三井ホームに頼んで良かったです。

 

 

⇒ 【無料】クリックして資料請求をする

 

 

ヘーベルハウスの特徴と口コミ評判を比較

 

 

へーベルハウス

 

坪単価の目安 約65〜70
採用工法 鉄骨系プレハブ工法
主な外壁材 へーベル板(コンクリート)
耐震性(耐震等級) 3相当
公式サイト https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/index.html/

 

 

へーベルハウスの特徴は?

 

二世帯住宅を最初に考案し、商品化したのがこのへーベルハウスです。
鉄骨造りを得意とし、未曽有の洪水にも耐えたことでその耐久性が
話題となりました。
全棟に制震構造を取り入れ、長寿命のロングライフ住宅を提案しています。
ただし、全国展開していませんので、対応できない地域があります。

 

 

へーベルハウスの口コミ評判は?

 

Eさん:三重県/女性

 

私がヘーベルハウスを選んだ理由は、色々な大手ハウスメーカーを
比較した中で、特にしっかりとした耐震工事をしてくれそう
だったので決めました。

 

営業の方には何度も家の設計図を書き直してもらい、
自分が納得するまで付き合ってもらいました。

 

アフターメンテナンスに関しては、いくつか不具合が出た時にも、
夜にも関わらずきちんと対応をしてくれました。
その後も何度かお世話になりましたが業者の方の対応もとてもよかったです。

 

 

⇒ 【無料】クリックして資料請求をする

 

 

トヨタホームの特徴と口コミ評判を比較

 

 

トヨタホーム

 

坪単価の目安 約60〜70
採用工法 鉄骨ユニット工法・軽量鉄骨工法
主な外壁材 サイディング・タイル
耐震性(耐震等級) 3相当
公式サイト https://www.toyotahome.co.jp/

 

 

トヨタホームの特徴は?

 

トヨタホームは、言わずと知れた自動車メーカー『トヨタ』の住宅部門です。
鉄骨造りを得意とし、自動車で培った塗装の技術により、
構造材の優れた防錆加工を実現しています。
鉄骨の太さは業界他社と比較してもでもトップクラス、
そして耐久性が高いのが特徴です。
また、防犯面に優れており、CPマーク認定の設備を多数採用しています。

 

トヨタホームの口コミ評判は?

 

茨城県/30代男性

 

トヨタホームを選んだ理由として、
営業の方がこちらの状態を良く分かっていると思ったからです。
ほかのHMにはない気遣いがありました。

 

また、土地を厳選した場所から探していただけた事と、
トヨタ生産方式を取り入れ、無駄をなくし価格を下げている事も
重要なポイントでした。

 

実際に住んでみて思ったことは、
悪いところもなければ特別優れているところもない
といったところでしょうか。

 

もちろん、予算を上げれば優れた家になったとは思うのですが、
私の人生ではここまでの価格が限界だと思い断念しました。

 

アフターメンテナンスについては60年という長期保証があるので
安心しています。

 

 

⇒ 【無料】クリックして資料請求をする

 

 

一条工務店の特徴と口コミ評判を比較

 

 

一条工務店

 

坪単価の目安 約60〜70
採用工法 木造軸組み工法
主な外壁材 タイル
耐震性(耐震等級) 3相当
公式サイト https://www.ichijo.co.jp/

 

 

一条工務店の特徴は?

 

一条工務店は、住宅メーカートップクラスの住宅供給数実績を誇る
大手工務店です。(※2016年度の実績:約12,500棟)
木造軸組み工法(2×6)をメインとした、『i-smart』『icube』といった
耐震、耐久、省エネを追求した高品質な住宅商品が特徴的です。

 

また、標準仕様のレベルが高めで、
住宅展示場などの「モデルハウス仕様が標準仕様」と言われています。

 

 

一条工務店の口コミ評判は?

 

神奈川県/30代女性

 

「家は性能」という、一条工務店ならではの気密性の高い住宅に惚れました。

 

全館床暖房が入っているのも売りで、冬は本当に暖かく過ごせることが魅力的でした。
営業さんはガツガツしていなくて、紳士的な方ばかりです。
家を作るにあたり、とてもたくさんの時間打ち合わせをすることになります。
常に丁寧で誠実さが滲み出ているような営業さんでしたので、
苦痛に思うことなく打ち合わせを終えられました。

 

一条工務店の家は外の音がほとんど聞こえず、また家の中の音も漏れることは
ないので静かに安心して暮らすことが出来ます。
またロスガードという24時間換気システムも付いていて、空気清浄機のような
役割をしてくれるので毎年花粉症に悩まされていましたが楽になりました。

 

クロスの張り具合など何か気になるところがあれば、営業さんがすぐに来て
直してくれたりもするのでとても心強いです。
また、アプリもあるので、不具合があった時はそちらを利用してもいいので
アフターケアの面でもとても安心です。

 

 

⇒ 【無料】クリックして資料請求をする

 

 

ハウスメーカー売上ランキング2019

 

売り上げランキング

 

 

ハウスメーカーを比較する際、メーカーの特徴や坪単価だけではなく、
実際の売上高を知ることで、大手ハウスメーカーのおおよその規模を
推測することができます。

 

下記表にて、大手ハウスメーカーの売上高を一覧にてまとめました。
ランキング形式でご紹介しますので、比較する際の参考にしてみてください。

 

ハウスメーカー売上高一覧表

 

順位 会社名 売上高(単体) 売上高(連結) 決算月
1 大和ハウス 1兆0,179億円 4兆1,435億円 2019年3月期
2 積水ハウス 1兆1725億円 2兆1603億円 2019年1月期
3 住友林業 7209億円 1兆3089億円 2019年3月期
4 セキスイハイム 3599億円 1兆1427億円 2019年3月期
5 住友不動産 1兆132億円 2019年3月期
6 ヘーベルハウス
(旭化成ホームズ)
4037億円 6047億円 2019年3月期
7 トヨタホーム 5641億円 2019年3月期
8 一条工務店 4065億円 2019年3月期
9 ミサワホーム 1907億円 3993億円 2019年3月期
10 パナソニックホームズ 3574億円 2019年3月期
11 タマホーム 1793億円 1868億円 2019年5月期
12 三井ホーム 1663億円 2019年3月期
13 フジ住宅 1008億円 1157億円 2019年3月期
14 木下工務店 1050億円 2019年3月期
15 サンヨーホームズ 460億円 538億円 2019年3月期

 

大手ハウスメーカーと地元工務店の特徴を比較

 

家を建築

 

 

希望通りの家を建ててくれる住宅会社を選んでいくためにも、
ハウスメーカーだけではなく地元工務店についても合わせて知り、
比較しておきたいところです。

 

では、大手ハウスメーカーと地元工務店では具体的にどのような
違いがあるのでしょうか?
それぞれの特徴を詳しく比較してみましょう。

 

大手ハウスメーカーの特徴

 

大手ハウスメーカーとは、全国的に展開している規模が大きい
ハウスメーカーのことを指します。
規格で作った資材を大量発注するために、安定した品質を誇ります。
また、建築工事も短期間で終わることが多いです。
一方で、宣伝・営業費が高くつくため、坪単価はさほど安くなりません。

 

地元工務店の特徴

 

工務店とは、基本的に地域に根差した住宅業者のことで、
費用を安く抑えられることが多い・自由度が高いといった
メリットがあります。
しかしその一方で、品質がまちまちになることも。

 

 

 

2つの選択肢で迷った際は、ハウスメーカー、地元工務店それぞれの
メリット・デメリット・掛かる費用をしっかりと確認したうえで、
工法・断熱性・シックハウス対策・省エネなど、自分達の欲しい機能が
得意な住宅会社を選ぶようにしましょう。

 

 

ハウスメーカー選びで後悔しないために

 

家を建てるイメージ

 

 

以上、ハウスメーカーと一口でいっても、
メーカーごとに得意な工法、掛かる費用、評判(営業の対応)は様々です。

 

合わせて工務店も比較検討する場合だと、どのようにして
住宅会社を選んでいけばよいのか分からなくなってしまいますよね。

 

比較する際、特に注意しておきたいのが、費用面だけを
比較追求してしまうことです。

 

例えば予算だけに重点を置いてしまった場合、

 

  • 住宅の機能性がおろそかになってしまう
  • 対応が悪い住宅会社に当たってしまう
  • 希望の家と違う家になってしまう

 

上記のようなことが起こり、後悔してしまう可能性だってあります。
1,000万円単位の買い物で大失敗。考えただけでもぞっとしますよね。
そのような失敗を避けるためにも、
各会社の設計プラン、費用、そして住宅会社の対応を
しっかりと比較して依頼先を選ぶようにしましょう。

 

マイホームは一生に一度の大きな買い物です。
信頼できるパートナーを見つけ、家づくりを成功させてくださいね。

 

累計112万人が実践した住宅会社選びの方法とは?

 

  • 「家づくりで絶対に失敗したくない」
  • 「予算内で希望通りの家を建てたい」
  • 「住宅会社の選び方が分からない」
  • 「仕事が忙しくてなかなか住宅会社に行けない」

 

家は、一生に一度の大きな買い物です。
それだけに、上記のような悩みをお持ちの方も
多いのではないでしょうか?

 

ネット等で家づくりに関する口コミや体験談などを見ると、
住宅会社の対応や営業の方の人柄に不満を感じ、
結果、後悔や失敗に繋がってしまう方が多いようです。

 

家づくりで失敗しないために大切なこと。
それは、費用面や魅力的な広告に一喜一憂するのではなく、

 

  • 本当に自分の建てたい家が建てられるのか?
  • 誠実な対応で品質の高い家を建ててくれるのか?

 

この2つの基準で住宅会社を選ぶことが大切です。

 

そのためには、複数社から資料を請求し、
各社のプラン内容や費用、そして住宅会社の対応を
しっかりと比較し検討するようにしましょう。

 

その際にオススメなのが、累計112万人が利用する
「タウンライフ」の活用です。

 

タウンライフとは、厳格な国家基準をクリアした複数の住宅会社に、
あなたの希望する予算内で、
間取りプラン・費用見積もり・土地プランといった家づくりに
役立つ資料を、すべて無料で作成してもらうことができるサービスです。

 

タウンライフイメージ

 

タウンライフを活用することで、

 

  1. 住宅会社に足を運ぶ手間が省ける
  2. 希望する予算内で家づくりプランを作ってもらえる
  3. 自宅にいながらじっくりと資料を比較できる
  4. 営業マンと直接向き合う必要がないので冷静な判断が出来る
  5. ネットでのやりとりなので提案を断る際も気を使いづらい
  6. 厳しい国家基準をクリアした信頼できる会社だけに依頼できる

 

以上の様な嬉しいメリットがあります。

 

もちろん無料だからといって、
無理矢理契約を迫られたり、しつこい営業電話が掛かってくる
こともありませんので、安心して利用することができます。

 

3分程度の簡単入力で、無料にて申し込むことができますので、
住宅会社選びの第一歩としてぜひ活用してみてくださいね。

 

 

タウンライフの詳細はコチラ

 

 

 

 

 

⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る


1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!