トップへ戻る

住宅ローン繰り上げ返済には要注意!損をしない返済のタイミングは?

繰り上げ返済

 

 

住宅ローンは、家を購入されるほとんどの方にとって、
人生最大の借入となります。
ですので、「出来るだけ早く完済してしまいたい!」と
繰り上げ返済をお考えの方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、焦って返済をしてしまうと、
かえって損をしてしまうこともありますので、
返済のタイミングには注意が必要です。

 

では、どのようなタイミングで返済すれば良いでしょうか?

 

この記事では、『繰り上げ返済』についての概要と、
『損をしない返済のタイミング』について
詳しくご紹介していきたいと思います。

 

 

繰り上げ返済とは?

 

 

『繰り上げ返済』とは、毎月の返済額とは別に
住宅ローンの全額、または一部を先取りして返済することです。

 

返済期間を変えずに月額の返済額を減らす『返済減額型』と、
返済額を変えずに返済期間を短縮する『期間短縮型』があります。

 

 

繰り上げ返済のメリット

 

 

繰り上げ返済メリット

 

 

最大のメリットとして挙げられるのが、
利息を軽減できることです。

 

そして、時期が早いほど効果も大きいです。

 

例えば、住宅ローンを借りてから1年後のタイミングで
返済をした場合、具体的にいくら得をするのでしょうか?

 

期間短縮型の場合をもとに、シュミレーションをしてみました。

 

 

借入額3000万円・年利0.7%・当初35年ローンの場合

 

返済額  総返済額(繰上げあり) 総返済額(繰上げなし)
1年後に100万円

33581565円
(返済期間33年9か月)

33833520円
(返済期間35年)

 

 

以上のように、実際に計算してみると
合計で251955円の得をすることが分かりました。

 

返済には手数料がかかることも多いですが、
もしお金に余裕がある場合は、検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

繰り上げ返済のデメリット

 

繰り上げ返済デメリット

 

 

返済を優先させると貯金ができない?

 

貯金よりも返済を優先させてしまうと、
急な出費に対応できなくなります。

 

特に住宅を購入したての頃は、子どもがまだ小さい等の理由で
出費がかさむことも多いです。
貯金が底をつき、本当にお金が必要なときに
借金していては、元も子もありません。

 

 

住宅ローン特別控除が受けられなくなることも…

 

返済をしすぎた場合、『住宅ローン特別控除』が
受けられなくなってしまうことがあります。

 

特別控除とは、住宅ローンを利用して
住宅を購入したとき、一定の要件を満たせば、
10年間にわたり住宅ローン残高の約1%が減税される制度です。

 

しかし、総返済期間が10年を切ってしまうと
住宅ローン特別控除が受けられなくなるので、注意しましょう。

 

 

 

正しいタイミングはいつ?

 

住宅ローン返済

 

 

返済のタイミングによっては、
損をしてしまうこともありますので、注意が必要です。

 

正しいタイミングで返済をするためには、
下記の項目を参考に、ご自身にあったタイミングで
返済をするようにしましょう。

 

 

お金に余裕がある方のベストタイミング

 

お金に余裕があり、早く住宅ローンから解放されたい
という方は10年後の一括返済をおすすめします。

 

現在の住宅ローン金利は0.7%程度ですが、
住宅ローン特別控除による節税額はローン残高の1%です。
10年間返済を我慢することにより、得をします。

 

利用している住宅ローンの金利が1%を超える場合は、
貯金や投資より繰り上げ返済を優先しましょう。

 

 

急な出費に備えたい方のベストタイミング

 

十分な貯金がなく、急な出費に備えておきたい方は、
まず貯金を増やすことを優先しましょう。

 

すぐに繰り上げ返済ができなくても、10年間は控除が
ありますので、大きく損をすることはありません。
まずは、生活に余裕ができるまで待った方が安心です。

 

 

住宅ローンの返済は計画的に行いましょう

 

以上のことから、繰り上げ返済には利息の軽減効果が
ありますが、手元の貯金を削ってまでする必要は無い
ということが分かりました。

 

大手金融機関のホームページでは、返済時のシュミレーションも
できるため、
もし気になる方は比較、検討する際の参考にしてみてくださいね。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!