トップへ戻る

注文住宅にかかる費用のローン予算の立て方

 

注文住宅

 

 

注文住宅は、マイホームを持ちたい人にとって憧れですよね。

 

しかし、自由に『自分の希望』や『要望』が反映される注文住宅だからこそ
こだわりの部分が多く出てきてしまい、それが原因で

 

「最初に計画した見積もりから、大幅に予算オーバーをしてしまった…」

 

などということもありえますので、注意が必要です。

 

注文住宅で住宅ローンを組む場合には、時間も手間も想像以上に掛かります。
そのため、なるべく早くから準備を進めていくことが大事です。

 

この記事では、注文住宅に掛かる費用のローン予算の立て方について、
詳しくお話したいと思います。

 

 

住宅ローンの計画は慎重に

 

ローン計画

 

住宅ローンの予算を立てるときは、

 

■ローン予算はどれくらいの金額まで借りることができるのか?
■毎月の返済額はいくらにするか?

 

などの、「ライフプラン」をしっかりと考えながら予算額を決めるようにしましょう。
予算のポイントとしては、

 

  • 家族構成
  • 子供の教育費(塾や習い事)
  • 現在の仕事(昇給の可能性、ボーナスの有無、転職予定など)
  • 保険の加入状況(住宅購入にあたり、保険の見直しもオススメします)
  • 退職後の収入(退職金や年金、貯金など、月に支払える金額を具体的に)

 

などをトータル的に考えて予算を組んでみて下さい。
少し余裕がある程度に、無理のない予算を立てるようにしましょう。

 

資金計画に困ったときはプロに相談を

 

アドバイザー

 

 

皆様の中には、自分で探した金融機関などで『住宅ローン』を組む予定の方も
おられると思いますが、

 

一度融資を断られてしまうと『悪い履歴』が残ってしまうため、
今後の審査に影響が出てしまうこともあります。

 

ですので、なるべくなら建築業者に相談をして、
借り入れ先や、詳しい返済計画を一緒に考えていくことをオススメします。

 

建築業者の中には資金アドバイザーがいる場合もあり、
プロならではの知識や経験で力になってくれるはずです。

 

銀行で上手く伝えられないことなども、しっかりとサポートしてもらえることが
ありますので、是非相談してみて下さいね。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!