トップへ戻る

新築の駐車場は失敗しやすい?外構工事前に知りたい3つのポイント

 

駐車場のイメージ

 

 

家を新築する際に、駐車場で失敗される方が多いのを
皆様はご存知でしょうか?

 

実は、新築の家に入居してから、あるいは駐車場の
外構工事が全て終わってから
「しまった!」と気付かれる方が意外と多いのです。

 

後からリフォームするにしても、
外構工事費は決して安いものではありません。

 

取り返しのつかないことにならないように、
新築駐車場の外構工事前に知っておきたい
『3つのチェックポイント』をご紹介したいと思います。

 

 

1.新築駐車場の位置を考える

 

 

新築する家の屋内のことに気を取られるあまり、
新築駐車場を業者さん任せにしてしまったり、
「後でどうにでもなるだろう」と安易に考えてしまう
のは大変危険です。

 

これから挙げる『3つのポイント』をしっかりと
チェックし、失敗のない新築駐車場づくりをしましょう。

 

 

駐車場の間取り

 

 

まず、家を新築する際に意外と見落としがちになるのが
『新築駐車場の使い勝手』です。

 

  • 玄関から新築駐車場までが遠い
  • 動線が長い
  • 雨天で濡れやすい

 

上記のような新築駐車場の使い勝手の悪さは
1つ1つ見れば些細なことかもしれませんが、
日々の生活の中では大きなストレスとなるものです。

 

実際に新築駐車場を使うことを想定し、
動きをシミュレーションしてみると良いでしょう。

 

 

駐車場と道路の位置関係

 

 

もう一つ注意したいのは『道路と新築駐車場の関係』です。

 

この位置関係が悪いと、交通事故を引き起こしやすい
環境を作ってしまいます。

 

道路に対する角度や死角、広さなどにもしっかりと目を向け、
使い勝手の良い新築駐車場にしましょう。

 

 

2.水道やコンセントの配置を考える

 

位置チェック

 

 

新築駐車場の外構工事の際、つい業者さん任せにして
しまいがちなのが『水道やコンセントの位置』です。

 

現況としては問題のない配置だったとしても、

 

  • 「家庭菜園を始めたら不便だった…」
  • 「ペットの足洗い場が玄関から遠くなってしまった…」

 

という具合に、ライフスタイルの変化によって
不便になってしまうケースがあります。

 

業者さんも、施工主のライフスタイルを把握している
訳ではありませんので、こちらから要望を伝えなければ
配慮できないのは仕方がありません。
将来のプランも含めて位置決めをするようにしましょう。

 

また、コンセントは電気自動車の普及を念頭に設置
しておくと便利です。

 

標準仕様に含まれていると見逃してしまいがちですが、
配置をしっかりと確認することをお勧めします。

 

 

3.防犯性をしっかりと考える

 

防犯カメラと照明

 

 

新築駐車場の外構工事費用を抑えるために
塀や門を設置しないケースが多くありますが、
これは防犯の上で問題があります。

 

なぜならば、住宅地での車の盗難や車上荒らしは
決して少なくないからです。

 

同じく防犯という意味で、『照明』も出来るだけ
新築する際に設置するようにしましょう。
盗難の抑制になると同時に、地域の防犯性や自分が
使用する際の安全性を高める効果があるからです。

 

もし新築駐車場の外構工事費用を抑えるために
セルフで後付けをするのならば、
電源で困らないよう新築する前に業者さんに
相談しておくと良いかもしれません。

 

 

 

新築外構工事も家の一部

 

家と車

 

 

新築の家を建てる時は『家屋』にばかり気がいって
しまうものですが、新築駐車場などの外構も家の一部です。

 

後悔のない新築の家を建てるためには、
こういったスペースも含めて有効活用することが大切です。

 

しかし、新築の外構工事には水や防犯性など、
家屋とは異なる特徴と機能性をもっています。

 

できることならば新築外構工事の専門業者を紹介してもらい、
費用を抑えつつも満足度の高い新築の家を目指したいですね。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!