トップへ戻る

新築一戸建ての玄関はどう選ぶ?失敗しない5つのポイント

 

新築の玄関

 

 

多くの方が夢を見る新築の家。
「どんな新築の家を建てようかな?」と楽しみな反面、
初めての新築に不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

特に家の顔とも言える『新築玄関』には、
押えておきたいポイントがいくつかあります。

 

この記事では、新築一戸建てを検討されている方が、
玄関づくりで後悔や失敗をしないために、
新築玄関づくりで知っておきたい5つのポイントをまとめてみました。

 

 

1.新築玄関ドアの選び方

 

新築の玄関ドア

 

 

「新築玄関ドアの選び方が難しい…」と悩む方が多いようです。
その理由に挙げられるのが、

 

  • デザイン、サイズ、色が豊富にあり選択に迷う
  • 採光・採風・網戸など多機能性があり選択に迷う

 

ということが挙げられます。

 

それぞれについて何を基準に選択の的を絞っていけば良いのか?
という判断の基準を探っていきたいと思います。

 

新築玄関ドアの色を選ぶときは、

 

  1. ドア色と新築する家の外壁の色合いは調和しているか?
  2. 家全体のトーンは玄関に負けていないか?

 

という2点に注意が必要です。

 

あまりにも奇抜な色のドアにしてしまうと、どうしても
目立ってしまいがちですので、空き巣に狙われやすいという
リスクが出てきます。

 

また、新築する家の外壁と色が違いすぎると、
家全体の色調統一の難易度が高くなってしまいます。

 

新築玄関のドア色を決める際は、
外壁の色に合わせ、慎重に選ぶようにしましょう。

 

 

新築玄関ドアの結露対策は?

 

ドアの結露

 

 

意外と忘れがちなのが、新築玄関ドアに発生しやすい結露。

 

結露は外の気温と家の中の気温の温度差が大きくなると発生します。
新築玄関ドアの結露対策をするには、

 

  • 断熱タイプの新築玄関ドアを選ぶ
  • 結露対策パネル、シートなどを新築玄関のドアに貼る

 

等の対策をするようにしましょう。

 

また、玄関部だけではなく、家全体の風通しも考ることで
結露を防ぎやすくなります。

 

新築玄関ドアは引き戸?開き戸?

 

ドアの違い

 

 

新築玄関ドアを引き戸にするのか、開き戸にするのか?の選択で
迷われる方も多いと思います。

 

引き戸(引き違い戸)は気密性が低く、防犯性を考えた場合は
あまりお勧めできしません。

 

逆に開き戸の場合は、

 

  • 断熱性が高い
  • 機密性が高い
  • 防犯性が高い
  • 開閉がしやすい

 

といった複数のメリットがありますので、
新築玄関の場合、開き戸の選択が無難だといえます。

 

 

2.新築玄関をすっきりさせる収納

 

新築の玄関収納

 

 

新築玄関をスッキリとさせるためには、
収納スペースの場所が重要なポイントになります。

 

オススメなのが、土間に収納を置くことです。
その際、なるべく導線を増やさないようにしましょう。
そうすることで収納スペースの利便性があがり、
ひいてはスッキリとした収納ができあがります。

 

また、所有する靴の数が多い方は
容量の大きめな収納を設置するようにしましょう。

 

 

3.オススメな新築玄関のタイル色

 

玄関タイル

 

 

新築玄関のタイル色選びにも注意が必要です。

 

「明るい色は汚れが目立つ」という理由から
暗めの色を選んでしまうと、新築玄関が暗いイメージに
なってしまうことがあります。

 

また、意外に難しいのが白い色のタイル。
カタログだけで選んでしまった場合、
タイルの材質によっては「イメージしていたものと違う…」
なんてことも。
もし選ばれるときは、実物を確認したほうが無難です。

 

そのような理由から、新築玄関のタイル色は、
明るめの「アイボリー」か「グレー」の色をオススメします。

 

 

4.新築玄関の広さはどのくらいが良い?

 

玄関の広さ

 

 

新築玄関の広さですが、一般的な間口から考えると
今までは1坪が常識でした。

 

これを狭いと感じるかどうかなのですが、
重要なのは新築玄関の空間で感じる圧迫感です。

 

これは新築玄関に立ったときの両脇空間がどれくらいあるのか?
で決まります。奥行きが縦長でも圧迫感を感じます。

 

費用的に広い玄関を作ることが難しい場合は、
両脇の空間をなるべく広めにとることで、ゆとりのある
新築玄関作りができます。

 

 

5.新築玄関ホールは照明で変わる?

 

玄関の照明

 

 

北向きや日当たりの悪い新築玄関ホールは、
照明を工夫することで雰囲気が変わります。

 

窓や吹き抜けを考えた場合は、物理的な条件に左右されますので、
ドアの採光や照明を工夫すると効果的です。

 

その場合の注意点は、照明の取り付け位置や
照明の種類や明るさでも雰囲気が変わってしまうこと。
しっかりと光を確認しながら設置するようにしましょう。

 

光の角度や、明るさを調整できる照明器具もありますので
新築玄関の照明を選ぶ際、
選択肢にいれることをオススメします。

 

 

新築の家づくりを成功させるために

 

以上、新築一戸建ての玄関の選び方をお話ししましたが、
いかがでしたでしょうか。

 

家づくりを成功させるために重要なのが、
住宅会社に自分の思いをしっかりと伝え、話し合う事です。

 

新築一戸建ては一生に一度の大きな買い物です。
信頼の出来る住宅会社と一緒に、
理想のマイホームを実現させてくださいね。

 

 

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!