トップへ戻る

おしゃれな注文住宅を建てたい方必見!デザインと外観はこう撰ぶ

 

おしゃれな注文住宅のイメージ

 

 

せっかく注文住宅を建てるのなら、
「自慢できるようなおしゃれな注文住宅にしたい!」
と思われる方も多いはずです。

 

しかし、漠然としたイメージはあるものの、
『おしゃれな注文住宅』とは具体的にどのような
注文住宅を指すのか分かりづらいですよね。

 

今回は、予算内でおしゃれな注文住宅を建てるための
ポイントについてまとめてみました。

 

「こだわりすぎて失敗してしまった…」なんてことの
ないように、しっかりと確認してくださいね。

 

 

イメージを大きく左右するのは外観の形状と色

 

横並びの家

 

 

注文住宅の家を見たときに、パッと目に入るのは
『家の形と色』です。

 

例えば『シンプルな四角い外観の注文住宅の家』と、
『表面がデコボコとした複雑な注文住宅の家』とを
比較すると、見た人に与える印象が大きく変わります。

 

シンプルな形状の建物はスタイリッシュなイメージとなり、
構造が簡単なので少ない費用で注文住宅を建てられる
というメリットがあります。

 

一方、複雑な形状の建物は高級感のあるイメージ
なりますが、その分建築費用も高くなってしまいます。

 

 

家の外壁

 

 

また、壁や屋根の色によってもイメージはガラッと変わって
しまいます。白やベージュの明るい色と、
黒やブラウン系の色とでは与える印象は全く違います。

 

『壁の汚れを目立たせないため』という実用的な面から、
ダークカラーを選ぶ方も多いようです。
最近は、それぞれの利点を活かした2トーンカラーの注文住宅も
増えていて人気となっています。

 

外観はどんな組み合わせがおしゃれだとは一概に言えません。
ただ、奇抜なものは飽きやすいので避けた方が良いでしょう。

 

迷った時は展示場やおしゃれな注文住宅の画像などを参考に、
自分好みのイメージをまとめるのがおすすめです。

 

 

おしゃれなイメージを増すキーポイントとは

 

おしゃれな部屋

 

 

外観はシンプルでも『おしゃれな注文住宅』というのはあります。
例えば、次のようなものが挙げられます。

 

玄関ドア

 

道路から玄関が見える注文住宅の場合、玄関ドアのデザインが
おしゃれであると、それだけで『おしゃれな注文住宅だ』
という印象を与えることができます。

 

わざわざインポートものを取り寄せる人がいるほどに、
こだわりたくなるポイントです。ただ、玄関は使用頻度の高い
場所なので、利便性を重視することも大切です。

 

「デザインにこだわって選んだらドアが重くて大変だった…」
という人もいます。
使うときのことを考えて購入するようにしましょう。

 

天井の高い家

 

また、天井の高い注文住宅も開放感があっておしゃれです。

 

シーリングファンは本来、冷暖房の効率を上げるための
ものですが、見た目にもおしゃれです。
リーズナブルでデザイン性に優れたものもあるので、
こだわって選んでみても良いかもしれません。

 

 

壁紙の色

 

もう1つのポイントとなるのは『壁紙』です。

 

ただ最近では、素人でも簡単に貼ったり剥がしたりできる
ものが販売されています。

 

建築時は白やベージュのようなベーシックなものを選んで、
後でインテリアや部屋の用途に合わせて変える方が
ムダな費用を使うことなく済むかもしれません。

 

注文住宅の建築費を抑えるためには、
『こだわるポイントを予め絞っておくこと』がコツです。

 

その方がデザインとしてのまとまりが生まれ、
全体的におしゃれな注文住宅になりますよ。

 

 

10年後も満足できる家を目指す

 

家で絵を描く親子

 

 

「おしゃれ」というものを考える時、どうしてもその時の
好みや流行が反映されやすくなります。

 

しかし、家は何十年も住み続けるものです。
最低でも「10年後も飽きずに満足できる家」を目指すことが
おしゃれな注文住宅づくりで失敗しない秘訣です。

 

また、周辺の環境に馴染んだデザインにすることも
念頭に置きましょう。周辺の雰囲気に馴染んでいないと、
後に違和感を覚えるようになります。
自分のイメージするおしゃれな注文住宅と合わない場合は、
『玄関や庭先の小物や植木などで中和させる』という
アイデアもあります。

 

どうしてもうまくイメージできないならば、
注文住宅の専門家に相談するのがおすすめです。
10年後も「このデザインにして良かった」と思える
アドバイスをしてくれるはずですよ。

 

なお、将来的に売却を考えている場合は、
シンプルなつくりの注文住宅にするのがおすすめです。

 

複雑な構造や特徴的なデザインの家は選り好みする傾向が
あり、売れ難くなってしまうからです。
家を資産価値として考えている人は、特に注意するように
してくださいね。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

おしゃれな注文住宅を建てたい方必見!デザインと外観はこう撰ぶ関連記事

注文住宅を購入するにあたって注意したいこととは
注文住宅とは?メリットとデメリットで解説
注文住宅はハウスメーカーの選び方で決まる?
工務店で建てるメリットとデメリット
注文住宅で失敗しない工務店の選び方
注文住宅の引渡しまでの流れ
注文住宅の契約の流れと注意点
注文住宅で後悔しない!正しい間取りの決め方
失敗しない!注文住宅の階段の決め方
注文住宅外観の失敗しない決め方
打ち合わせの流れと注意点
注文住宅は窓で決まる!失敗しない選び方
注文住宅の間取りに吹き抜けを作るメリットとデメリット
注文住宅は年収いくらあれば購入できる?
ネット一括依頼を活用して注文住宅の購入を検討したい方へ
注文住宅だからできる!安心して子育てができるおすすめ間取り
注文住宅で取り入れたい!アイデア収納5選
失敗しやすい?注文住宅のリビングで注意したいこと
あって良かった!注文住宅おすすめオプションと必要な費用
住みたい家のイメージを形に!注文住宅の上手な要望の伝え方
注文住宅に床暖房は必要?費用対効果は高い?
欠陥住宅にさせない!新築注文住宅を建てる前に知るべき3つのポイント
バリアフリーの注文住宅はどう建てる?新築前に知りたい6つのポイント
手入れ不要な外壁にしたい!注文住宅はメンテナンスフリーにできる?
本当に必要?屋上のある家を注文住宅で建てるメリットとデメリット
空間を活かして書斎を作る!注文住宅アイデア間取り
注文住宅の子供部屋はどう作る?知っておきたい6つのポイント

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!