トップへ戻る

注文住宅とは?メリットとデメリットで解説

 

間取り図

 

 

一生に一度の大きな買い物、マイホーム。
せっかく家を建てるのなら『注文住宅』でこだわりの家を
建てたいですよね。

 

こだわって完成した注文住宅の所有感は、他の住宅とは
比べ物になりません。

 

しかし、「隅々まで自分好みにできる」というメリットの反面、
当然色々なデメリットも出てきます。

 

注文住宅のメリット・デメリットには一体どのような
ものがあるのでしょうか?
この記事では、それらについて詳しくご紹介したいと思います。

 

 

注文住宅とは?

 

文字が書かれた黒板

 

 

『注文住宅』とは、建売住宅や規格住宅とは異なり、
構造や間取り、設備、内装などを自分達の希望通りにする
ことができる住宅のことをいいます。

 

ハウスメーカーや工務店などの住宅会社に
家の設計から工事までのすべてを依頼する方法が一般的
ですが、設計と工事を別々の会社に依頼する方法もあります。
また、注文住宅には大きく分けて二種類あります。

 

 

フルオーダー注文住宅

 

 

家の構造(木造・鉄骨など)や間取り・オプション・外溝・外観などの
すべてを施工主が決めて建てる住宅。
1からすべてに関わる必要があるため、家が建つまでに多少の期間が掛かります。

 

 

セミオーダー(自由設計)注文住宅

 

 

家の大まかな『間取り』や『外観』を中心に選択して建てる住宅。
その名の通りセミオーダーのため、構造・トイレ・お風呂・キッチンなど、
自由に選ぶことが出来ない部分もあります。

 

 

 

以上、二種類の選択肢がありますが、掛かる費用や家が建つまでの
期間にも違いが出てくるため、しっかりと検討していく必要があります。

 

 

続いて、注文住宅のメリットとデメリットをご紹介します。

 

建売や規格住宅とは違う?注文住宅のメリット

 

注文住宅

 

注文住宅はいい素材が使える

 

建売や規格住宅の場合、どうしても使用されている建材のグレードは
スタンダードなものになってきます。

 

これが悪いというわけではありませんが、例えば耐震強度であるとか、
気候を考慮して断熱素材にはこだわりたいといった場合には、やはり
注文住宅の方が自由が効きます。

 

注文住宅は見た目にこだわれる

 

建売や規格住宅になると、上記のような「素材」の問題や
「量産してコストを抑える」といった目的から、
どうしても同じハウスメーカーのものは似たようなデザイン
なってしまう傾向にあります。

 

内装はさることながら、外装まで同じような家が周囲に並んでいるのを
見ると、「やっぱりもっとこだわればよかったなあ」と考えてしまうもの。

 

注文住宅なら外壁材から間取りまで自分好みにできるため、
ご近所さんと似たデザインになってしまうなんてことも避けられます。

 

注文住宅は着工から様子を見ることができる

 

注文住宅の大きなメリットはこれに尽きることと思います。

 

基礎工事から立ち会うことができるので、どのような工事が
行われているのか最後までしっかり確認することが可能です。

 

疑問があればその時点で担当の営業さんと
お話をすることもできますし、工務店側も『お客さんに見られている』
という立場から、手を抜かないで工事をしてくださいます。

 

 

注文住宅のデメリットは?

 

注文住宅

 

デメリット1.コストがかかる

 

これについては、おそらく大半の方が理解していらっしゃる
ことと思いますが、好みのデザインを通したり、
こだわりの建材や設備や内装を揃えることで、
注文住宅は建売のものよりも高く付きやすい傾向にあります。

 

あれもこれもと要求していくと、
あっという間に予算オーバーになってしまうことも。

 

先に優先順位を決めておき、
ある程度は妥協するということも必要かもしれません。

 

デメリット2.時間がかかる

 

完成しているものを購入するだけの建売と比べれば、
あれこれと打ち合わせが必要な注文住宅は
当然完成までに多くの時間を費やすことになってしまいます。

 

また、打ち合わせが必ずスムーズに行くとも限りませんし、
こちらの希望がなかなか通らず
うまい具合にいかない時だってあるでしょう。

 

新居への引っ越しと共に、転勤やお子さんの転校などを
考えていらっしゃる場合は、直前になって焦ることのないよう
余裕を持った計画が必要かと思います。

 

デメリット3.こだわりが裏目に出る場合も……

 

通常建売は、様々な市場でのリサーチを経て、プロの目を持って
暮らす人が使いやすいように設計されています。

 

しかし注文住宅となると、素人判断で本来必要なものを省いてしまったり、
デザイン重視に偏りすぎて使い勝手が悪くなってしまうといったケースも。

 

例えばキッチンのデザインをどうしても外国風にしたいからと
輸入品にした結果、使用者と高さが合わなかったというのはよくある失敗談。

 

方角などを考慮せず、不必要なところにまで窓を付けて
日差しがきつすぎるということになったり、
逆に窓をなくして薄暗い部屋になってしまったなんてことも。

 

こだわりももちろん大事ですが、何十年も住むところですから
ある程度プロの意見も取り入れておいた方が失敗も少なく済みます。

 

注文住宅で後悔しないために

 

 

比較

 

 

注文住宅の家は、一生に一度の買い物ですから、
なるべくなら後悔のないようにしたいですよね。

 

こういった失敗をしないためにも、住宅メーカーを選ぶ際には、
最初からひとつのところに絞り込まず、複数のところで
色々なアドバイスを聞いたり、どれだけ自分の希望が通るのかを
比較してみることをオススメします。

「家の予算はできるだけ押えたい!」
でも、品質や保証面が心配なあなたへ。

1000万円台で安心して家を建てる方法はコチラ


⇒1000万円台で新築の家を建てる!TOPページに戻る

注文住宅とは?メリットとデメリットで解説関連記事

注文住宅を購入するにあたって注意したいこととは
注文住宅はハウスメーカーの選び方で決まる?
工務店で建てるメリットとデメリット
注文住宅で失敗しない工務店の選び方
注文住宅の引渡しまでの流れ
注文住宅の契約の流れと注意点
注文住宅で後悔しない!正しい間取りの決め方
失敗しない!注文住宅の階段の決め方
注文住宅外観の失敗しない決め方
打ち合わせの流れと注意点
注文住宅は窓で決まる!失敗しない選び方
注文住宅の間取りに吹き抜けを作るメリットとデメリット
注文住宅は年収いくらあれば購入できる?
ネット一括依頼を活用して注文住宅の購入を検討したい方へ
注文住宅だからできる!安心して子育てができるおすすめ間取り
注文住宅で取り入れたい!アイデア収納5選
失敗しやすい?注文住宅のリビングで注意したいこと
あって良かった!注文住宅おすすめオプションと必要な費用
住みたい家のイメージを形に!注文住宅の上手な要望の伝え方
注文住宅に床暖房は必要?費用対効果は高い?
おしゃれな注文住宅を建てたい方必見!デザインと外観はこう撰ぶ
欠陥住宅にさせない!新築注文住宅を建てる前に知るべき3つのポイント
バリアフリーの注文住宅はどう建てる?新築前に知りたい6つのポイント
手入れ不要な外壁にしたい!注文住宅はメンテナンスフリーにできる?
本当に必要?屋上のある家を注文住宅で建てるメリットとデメリット
空間を活かして書斎を作る!注文住宅アイデア間取り
注文住宅の子供部屋はどう作る?知っておきたい6つのポイント

1000万円台の家TOP 注文住宅は値引きできる? 注文住宅を安く建てるコツ 住宅ローン選びでもっと安く!